カテゴリ

カテゴリ:徒然なるままに・・・

モリサワの大盤振る舞い

カテゴリ:
IMG_4998昨日、9月2日(金)、東京ビッグサイトで開催された
「Adobe MAX Japan 2016」に行ってきた。
折しも隣のホール(西2)では「SIGN & DISPLAY SHOW 2016」が開かれていて、仕事上見ておきたかったし、しかも取引先が出店しいてブースやら印刷物のお手伝いもさせて頂いてたしね。


その“Adobe MAX”ってなに?…って話だが、要はAdobeのプロモーション展示会&セミナー企画のようなもので、Adobe Creative Cloudがもたらす仕事の効率化だとか新機能を使った作例の紹介だとか、クリエイティブな刺激を求めて集うイベントだ。
アメリカでは数年前から開催しているのだが、日本では今回が初めて開催された。

なんだかビッグサイトでこんなイベントを開催するなんて、かつての「Mac World」以来でなかなか懐かしかったす。

古くからAdobeの製品…IllustratorやPhotoshopを使っている私らみたいな古い人間は、最新バージョンの機能をフルに使いこなせていないのが現状。
当然、やり方は間違ってはいないのだけれど、古いやり方だと時間的効率が悪かったり、闇雲にデータ量を増やしてしまっていたりといった弊害もある。
なもんだから今回の「今時のIllustratorならこうやります」的なセッションは目からウロコ。
いやはや、道具を使いこなすってことは大事なんだなって(^^;


で、タイトルの「モリサワの大盤振る舞い」な話。
オープニングのKeynote(基調講演)の最後、モリサワの社長のビデオメッセージがあったのだが、なんとそこでとんでもないサプライズが!

IMG_5009このKeynoteを視聴してくれた会場にいる全員に、モリサワでリリースしているすべてのフォントが使える「MORISAWA PASSPORT ONE」をプレゼントするというのだ!
発言の瞬間、会場では「え、この人なに言ってんだ?」みたいな空気が流れ、ほぼ全員がビミョーに固まってしまった雰囲気w

モリサワのフォントすべてがタダで貰える・・・

DTPやってたりデザインやってたりする人間にとって、モリサワのフォントは絶対的に必需品。
私のようなサイン関係では最近のUDフォント(ユニバーサルデザインフォント)は揃えておかないとならんもの。しかも1書体換算で2万もする。
業界関係者だったらこれがどんないスゴいことか理解できると思うw
それが900書体以上がすべてタダって…。

まぁそれでも「MORISAWA PASSPORT ONE」ってシステムはすべてのフォントが自由に使えて年間使用料49,800円(税別)ってパッケージなのだが、それでも5万円もするモノを会場の全員に「持ってけ!」ってのは太っ腹過ぎるw
あの会場に何人いたんだろ? 4〜500人くらいいたんだろか? …もっとかw

とにかく1年間はタダでフルに使わせていただこう。
来年のことはその時になってからでいいや(笑)

うん、これだけで今回は行った甲斐があったってもんだわd(^-^o)

仙台七夕花火祭

カテゴリ:
明日8/6からは「仙台七夕まつり」
いよいよ仙台の夏本番でございます。
街なか商店街にも笹竿が運び込まれ、明日の飾り付けを待つだけとなりました。

七夕花火で、今日8/5は七夕前夜祭の「第47回仙台七夕花火祭」
仙台城二の丸跡地(東北大学構内)より16,000発が打ち上げられました。

自分としては七夕の花火を見に行ってきたのはホント久しぶり。
我が家はよく松島の「灯籠流し花火大会」には行ってたけど、震災以降はいろいろ諸事情で実施されていないようで、今回はカミさんが「桟敷席買う」ってんで、場所取りもせずゆったり眺めのイイトコで観てきました。

やっぱ心躍りますな♪
腹に響くデッカイ音がなんとも心地いい。
色とりどりの風流さと蒸し暑い日本の夏の夜を感じながら楽しんで来ました。


ブルーボトルコーヒー

カテゴリ:
久々の更新…f(^^;)

P6057951“BLUE BOTTLE COFFEE”
オネェから誕生日のプレゼントが届いた。
「ブルーボトル」のコーヒー豆。
とにかく、東京行ったら真っ先に寄ってみたかったお店。
通販で買ってみようかと思っていただけに、青天の霹靂というか、親子ならではのテレパシーというか、ピンポイントで意表を突いてくるところはさすがとしか言いようがない(笑)

“コーヒー界のApple”と言われているブルーボトルコーヒー。
なにがAppleなのか判らんが、なにか惹きつけるものがあるようだ。

早速いれてみた。
Giant Steps:ブルーボトルの中でも一番深煎りな豆。

うん、美味い。
口に入れるものだけに、感じ方は十人十色だろうけど、個人的には高評価な風味。
パンチのあるメリハリの効いたコーヒーが好きなだけに、これはストライクだ。
焙煎の度合いもいい具合なのか、ミルしてても適度なガリガリ感といい香りも漂ってきていた。

よしよし。
今度は是非実店舗に行ってみたいものだ。

オネェ、ありがとな♪

ふすまの貼替え

カテゴリ:
襖リフォーム38年来のふすまを貼替えてやった(笑)
ご覧の通り、穴は開いてるは色も焼けちゃってるわ…で(笑)
思い立ったら速攻やってしまわないとこれまた延び延びになってしまうB型の悪い癖を封印して、一気に取り掛かってやったw



建具屋さんのような本格的な貼り替えじゃなく、のり付きのふすま紙をホームセンターから買ってきて、既存のふすまの上から貼っていくタイプ。
幅広タイプのふすまなので半間(約W900)のふすま紙を3枚買ってきて、途中で重ね合わせ貼り。
切った貼ったの手間は掛かるけど後から糊を塗布するより簡単にできました。


カミさんと一緒に住み始めるってんで家を出てから妹がこの部屋を使っていて、親父お袋が亡くなって妹が箱根に嫁いで行って、オレらがこの家に戻ってきて・・・

先月の洗面所バスルームのリフォームもそうだけど、とにかくあっちこっちがリフォームの対象w
お金があるんだったら全部をリノベしたいくらいなんだけど、なかなかなぁ…(^^;)

ってことで、今後も地道にちょこちょこやっていくべ♪

改デスクトップ

カテゴリ:
IMG_4657高校生の時に“POPEYE”に載ってた記事を参考に作ったワンオフの机。
もう35年近く使ってる。
天板のメラミン化粧板が微妙に劣化してきたのでダイノックシートを貼ってみた♪
今まではアイボリーだったのが木目に変身。
部屋全体がシックで落ち着いた雰囲気になった。


机の場合、木目は天板の長手方向に平行に入れるのが普通だけど、以前インテリアの特集してたTVの番組で木を縦方向に使ってた机を見て、そんなに違和感ないし、自分の中でもなかなかツボだったので、縦の木目シートを選んでみた。

触感もツルツルじゃないし微妙な凹凸の木目テクスチャがいい感じ。
シートの厚さが0.2mm程度なので、紙に筆記してても丁度いい筆圧感で書けるのもいい。

ダイノックシートは元々建築物にデザインの自由度を求めるために開発された塩ビフィルムなので、耐久性もそれなりだし様々なテクスチャデザインがリリースされてるので、自分好みの模様替えに便利なフィルム。
金額はどっちかっていうとちと高いけど、ホントの木や石や金属の素材を使って…よりはリーズナブルなので、手軽に雰囲気を出せるのがいい。
内装を安く仕上げたいという方にはオススメのフィルムだ。

カテゴリ:
昨晩、4月14日(木) 午後9時26分ごろ、熊本で大きな地震があった。
遠く離れた仙台で、ちょうど風呂に入っていた時だったが、iPhoneのニュース速報通知で地震を知った。

・・・震度7!

一瞬「7」なんて数字を疑ったが、速攻twitterで状況を確認。ホントだった。
自分たちが東日本大震災で経験した同じくらいの地震を思い返す。
九州で大きな地震なんてそんなに聞く話ではない。
恐らく建物とかは相当な被害が出てるんじゃないかと想像する。

風呂から上がってTVを点けると熊本市内の繁華街では人々がそんなに慌てた様子もなく、冷静に歩いている。
ところどころで立ち止まってケータイ片手に情報の収集・安否確認をしているようだ。
通信は確保されてるようだ。
まちの灯りも点いている。電気も来ているようで、その時点ではなんとか大丈夫なようと感じた。

津波は?
震災以降、地震=津波が根付いている。あれだけの被害を被ったんだもの、自分の中ではそれなりに意識改革があったようだ。

津波の心配はない…と。ヨカッタ…(^^;

原発は?
稼働中の鹿児島川内原発。
大丈夫だという。

懸念が一つ一つ消えていく。

さらに入ってくる情報に食い入るように見守る。
夜なのでなかなかクリアな被害状況が見えてこないことに少し苛立つ。

一夜経って今日15日。
明るくなるとそれなりに震度7の被害の大きさが見えてきた。
亡くなった方が9名。負傷者も850人を超えた。
倒壊した建物。火災で燃えた家屋。
国指定重要文化財「熊本城」も石垣があちこちで崩れ、天守閣の瓦も相当落ちて無残な姿になっていた。
先日、ブラタモリでかっこいい名城の姿を見たばかりなのに…。


気になったことがある。
マスコミ各社が放送中の番組を切り替え一斉に被災報道に転じたワケだが、もうとにかく報道合戦の様相。地震直後だけに情報が入り乱れ、局によって内容が異なっていた。

東日本大震災の時はオレらは被災の内側。当然電気・通信が途絶え、周りがどんな状況なのかの情報が一切入ってこない。
その他の地域の人たちは被災の外側にいて、今回のオレらのように震災の様相を知ることができる。

あの時、被災地では「(この先)どうしたらいい」が第一の目的だった。
避難する場所は地域の指定避難場所があり、町内単位・学校単位でそこに行けばよかったが、それ以外に「食料はどうする」とか「救援はいつ来る」とか直近の“どうしたらいい”に対してどう動いたらいいかが分からなかった。

被災地のTVは映らなかったが、ラジオの情報は生きていた。
とにかく前向きな情報が少しでも安心できる糧だった。
「◯◯時ころ◯◯◯地域に自衛隊が到着予定」
「◯◯時ころ◯◯◯学校に医療チームが到着予定」
「食料積んだ支援チームが出発した」
ある程度、時間や場所が分かるとこの先に希望が見えるものだ。
そういう具体的な情報が必要なのではと。

局によってはどっから来たのか大学の先生がやってきて地震発生のメカニズムを得々と説明している。
そんなのは後でいいじゃん!今説明する話ではない。
発災からのドキュメンタリーも数日後のワイドショーでやればいい。
とにかく被災地に必要な情報を優先に報道するべきだ。

安否確認、食料支援、電気・ガス・水道・通信のライフライン、鉄道・空港・高速道路など交通状況、ガソリン、小売店の営業情報、などなどなど、直近で知らなきゃならない事柄は山ほどある。

緊急時だけに局別に報道内容を棲み分けして「被災状況」の局、「救援状況」の局、というような分かりやすい報道もありかと思う。


時間が進むとさらに被災状況は悪くなるだろう。
直接的には辛い日々が続くかもしれないが、慌てず安心して過ごして欲しい。
大丈夫、日本全国がついてますから(^-^)v


風呂リフォーム〜完成

カテゴリ:
4/4から始まった我が家のバスルームリフォームも先週の土曜日で全て完了。
先ずはなんのトラブルもなく事故もなく終わったことにホッとしてます。
築年数が古いだけに開けてみてビックリ!ってことがあるだろう…と思ってたので、何事もなかったのは本当安心しましたw

ってことで、レポートまとめてみたのでヒマな人はどうぞw
P4037520
「Before」
↑テキストのリンクからでPDFが開きます。







P4097644
「After」









やっぱり新しいモノはいいですな♪
今は少しでも汚れないように気を使って使ってます。
汚れたら直ぐ拭く、髪の毛1本直ぐ取る!…みたいなw

・・・今のうちですから(笑)

風呂リフォーム1

カテゴリ:
築38年の我が家マンション。
宮城県沖地震(1978)・東日本大震災(2011)と2度の震災を経験したのにも拘わらず、躯体本体には大きな影響もなく、これまで平穏にやってこれましたが、内装や設備にはそれなりの劣化が来ておりますw
なもんで不具合は元より時代的には使い勝手が悪かったりするもので、いよいよリフォームってことになりました。
・・・と言っても洗面所・バスルーム周りだけなんだけど。

P4037509P4037520これまでの水周り。
クロスが剥がれたりバスユニットが劣化したり、見せるのが恥ずかしいくらい傷んでましたf(^^;
おふくろが生前、風呂掃除を塩素系の洗剤で洗ったせいかバスユニットが腐食しちゃって痘痕のような無残な姿に。
湯船もコーティングにヒビが入って、いつ割れるか…なんてビビりながら使ってましたw
とにかく全て新しくしたい!(笑)


P4067557P4067558で、4月4日工事開始。
「ビフォーアフター」のようにとにかくぶっ壊し方から始まり。
別な意味で無残になりましたw
とにかく解体してみないとどうなってるか判らないので開けてみて「びっくりぽん!」って感じかなと思ってたけど、さしてトラブルになるようなことがなかったことには安心しましたw


洗面所の床下も根太が腐って沈むようになっていたので補修とフローリングの張替え。
洗面台と風呂側の配管も取り回し変更。

昔と違って今は有効スペースを最大限利用できるので、バスルームと洗面所のスペースが拡張できるようになりました。
浴槽も少しは足が伸ばせるようになる予定w

ってことで、この後続く…。

カテゴリ:
今日はオネェの誕生日。
生まれて22年。

ふた昔も前のことだけど、あの日のことはよっく覚えてる。
ついこの間のよう。

オネェが生まれた日…ってことは、オラも親父になって22年。カミさんもお母になって22年ってことだ。
親成人なったばっかりのまだまだケツの青いヤツだw

っていうか、年食って老獪でわがままでエラい理屈っぽい親父にはなりたくない。
精神年齢いつまでも20歳くらいのままがいい。
社会的責任なんか取りたくもない。

娘たちの話題にも付いて行けて、さもよくば孫との会話にも付いて行けるファンキーなじーさんw
「ウチのじーちゃん、今でもガンプラ作ってんだど♪」
ってくらいガキンチョのままでいたいわw


顧みれば今月で「烏合の衆」も12年目に突入。
よく続いたなぁ…って我ながら感心w

でもって、明日から新年度で区切りもいいことだし、今日で一休みしようか…って。

まぁ、話題があった時にでもなんか書いてみるってことで、不定期更新w

カテゴリ:
昔っから、モノが調子悪いと必ず叩いて様子見るよねw
大なり小なりバシバシ叩いて、時にはぶん投げてみたりww
特に電気製品は叩かれる率が多いwww
ドラマなんかでもTVやラジオが調子悪いとバシッっとやられてるシーンがあったりするけど、これは結構リアルに身近に起こり得る。
で、結局それで直ったりするから不思議。
ショック療法…(笑)

今、自分の机にあるデスクスタンドが昨日から叩かれる対象になった。
妹が箱根に行く時に置いていったものだけど、それなりに年数が経ったモノ。
スイッチ入れてもうんともすんともいわん。
調子いいと直ぐ点くけど、ダメな時は数十回もぶん殴っても点かない。
・・・そろそろ来たかなって感じ。

そういえばひろうき号のオーディオも調子悪いんだわ。
1こ悪くなると次々に不具合が出てくる「不調の伝染」始まってきたのかわ。

明日、ヨドバシでも行ってこよ…。


北海道新幹線

カテゴリ:
P32674912016年3月26日 北海道新幹線 開業。
我が家の横を通って仙台駅に向かう新函館北斗駅発のH5系1番列車。
この後、11:04に東京駅到着予定。
東北新幹線と同じE5系の姿ながらも北海道新幹線特有の紫ラインと北の大地のマークが新鮮だす♪


北海道の人たちにとっては悲願だったでしょうな。
青函トンネル通って函館までとはいえ、先ずは北海道への足がかりの新幹線が開通。
この先15年程掛けて札幌まで延長する予定だという。
うん、道外に住んでる人間としても先ずは札幌まで行ってもらわねば…ってとこだろう。

遠い昔。
まだ秋田に住んでいたころ。
札幌のじーちゃん家に行く時は秋田駅から奥羽本線に乗って青森まで4時間。
青函連絡船の出航時間に合わせて待合室で数時間仮眠した後、津軽海峡を4時間掛けて渡る。
函館に着いてそこからまた4〜5時間かけて札幌まで。
幼稚園くらいだったあの時でもやたらと長い旅だったのを記憶している。

地理は違えど、北海道新幹線の開業で仙台〜函館は2時間半程度でつながった。
墜落するリスクを考えると飛行機より安全神話の塊である新幹線の方が心休まる(笑)

P3267495盛岡駅で秋田新幹線こまちと連結したんだね。
H5単独よりも絵になるかもw
ニュース見てると北海道に行く車両はE5も乗り入れてるようだ。
なんとなく紛らわしい。
車両のやりくりもあるのかもしれんけど、北海道に行く車両は全てH5にした方がお客さんの気分も盛り上がるんだろうと思うけど…。

早く量産してくださいね(笑)
あとはJR北海道だけに、安全運転だけはしっかりとd(^_^o)

孫ができたら

カテゴリ:
遠い遠い先の話。
孫ができてオラがお爺様になったら・・・

002-1「LEXUS」のランドセル。
150,000円也ー。
クルマは買えないけどこれくらいだったらなんとかなるかも(笑)
リアルソフトカーボンっての使っててめっちゃ軽くて丈夫だそうだ。
6年間使ってもブッ壊れなさそうですなw

つーか、娘たちはまだ結婚もしとらんしそんな話も一向になさそうだし、「孫」なんて話はまだ当分先の話。
当のオラがじーさんになる以前にどこの誰だかわからんヤツに「お義父さん」なんて呼ばれたくもない(笑)
それゆえ、まったくそんなことは想像もつかないことで…。


余計なこと夢想しとらんで仕事しよ…w

カテゴリ:
まもなく「電力自由化」がスタートする。
といってもそっこー得するプランに移行する気はない。

日本全国の電力会社は元より、今まで知らなかった企業からガス屋さん・ガソリン屋さん・通信会社・小売りサービス業etc・・・これがまぁ「アンタんとこ本当に電気売ってだいじょうぶか?」ってな感じのとこまでおよそ150社が名乗りを上げているそうだ。

賢いのは、自由化スタートしてやっぱりしばらくは様子見るべきかと。
自分とこにあったプラン、地域に合ったプラン…いろいろあるっちゃね。

あちこちのプランをバクッと見てみると、概ね元気料金に関してはそんなに差別はないのかな…って感じ。
それより、新規参入する会社の本業部分の金額がセット販売によって安くなり、家庭全体のコストで得をするってパターンが多いようだ。

例えば通信会社のサービス。
我が家は今、ケータイは全員「Softbank」のiPhone。
しかしながら自宅ネットは「auひかり」

そもそもキャリアを一緒にすれば通信費も安くなるのは知ってるけど、いろいろあって今すぐには変えられない状態。
来るべき時に全てKDDI(au)にしちゃえば丸く収まるんだよね。

Softbankで全てまとめようとも思ったけど、東北での電力サービスは今の所無いようなので、同じ土俵には乗れず。
通信系の会社に全てお任せとなると我が家は「au」で行く選択肢が一番手っ取り早いようだ。

自由化がスタートして数ヶ月もすればあちこち評価が出てくるはず。
それらゆっくり訊いてから…ってことですな。


カテゴリ:
“死んだ人間に金を掛けるべからず”
生前、親父・おふくろはそんなことを言っていた。
葬式や埋葬、数年ごとの年祭。とかく金の掛かることばかりだ。
死んだ人間に大金を使うほどバカらしいものはないから、葬式なんて内輪でパッと済ましちゃいなさい…と。

葬式その他を執り行う身としては、親父たちの方からそんなことを言ってくれるのはありがたいこと。息子の方から「葬式は火葬場行ってお墓に入れたら終わりね」なんてことはなかなか言いづらいものだから(^^;

なので、2人とも最低限の親戚・知人を呼んでの質素な葬式だったけど、本人たちの希望でもあるし遺言と思って執り行ったので、後ろめたさも卑屈にもならなかった。

親父が亡くなった時はおふくろはまだ生きてたので、お墓をどうするか…ってことにはおふくろの意見も十分反映してオラがデザインした。石に彫る揮毫は習字の師範である妹が書いた。
で、市で管理する墓苑の芝墓地に決めて、墓石と墓地(永大使用料+管理費)合わせてもかなりのコストパフォーマンスな埋葬ができた。
規模は小さいけど、金を掛けずにこんないいお墓はない…と、今でも自負するくらい良かったと思ってる。

手前味噌だけど、ウチのお墓のデザインは結構パクられていて、後から建ったお墓はかなり似たようなものが多いw

彼岸に入って、明日は連休最終日。
墓参りのこと考えてて、ふとそんなことを思い出してた。


カテゴリ:
カミさんと街に出た。
オネェの誕生日プレゼント買いに。

ちゃんと欲しいものリクエストがあったんだよねw
つか、欲しくないもの贈ってもね…(^^;
なのでこっちから訊いてやったわけで。

いやしかし20歳も超えてくるとそれなりの金額のモノ要求するようになるのねw
半分訊かなきゃよかった…(自爆)
なかなか遠慮を知らないというか親の苦労を知らないというか(笑)
言えばどっからでも金は出てくるもんだと思ってるのだろうか・・・
で、その要求を鵜呑みにする親バカ度。

どっちもどっち…(^^;

将来、結婚するとかって言ってもカネは出してやらんから自分たちでなんとかしろなw
あ、養ってくれるんなら話は聞こうか(笑)

カテゴリ:
まずは目の前のセブンイレブンで使えるnanacoは鉄板。
コンビニの数でも今のところ一番多いのかな(?)
コピーするにもちょっとしたモノ買うにもカード一枚持っていきゃなんとかなるしポイントも付いたり割引もあったりする。
で、ワタクシのnanacoはクロネコの宅急便と提携したカードなので、宅急便の配送でも電子マネーが使えてポイントも付く。
その他いろんなとこで使えるけど、電子マネー自体はセブンでしか使ったことないわ…。

で、次はwaon イオン系の電子マネーカード。
ジャスコ(どうしてもイオンって出てこないんだよねw)はもちろんのことミニストップで使える。
ワタクシは持ってないけどファミマとローソンでも使えるって話w どうなんだろ…?
カミさんが近所のツルハドラッグではよっく使ってるけど、あと吉野家とか。

ま、この2つ持ってりゃそんじょそこらで買い物するにはなんの問題もないですな。
コンビニもケータイ屋さんもファーストフードも。

よっく分からないのがそのポイントの発生とか使い方とか。
貯めるだけ貯めて使ったことないもんな。
ヨドバシのポイントみたいに買い物する時に使えんのだろか?

それと電子マネーじゃないけどTポイントカード
なんだかとにかくファミマやファミレス(どこだったか忘れた^^;)、ガソリンスタンドや有料駐車場に行けば「Tカードお持ちですか?」なんて訊かれる。
「あります♪」って差し出してレジのオネーさんが「ピッ…」なんてやってるけどポイント貯めないで個人情報抜き取ってんでないの?…なんて思ってしまったりw
とにかくTカードの利用箇所は多い。
で、同じようにポイントなんか使ったことないからTカードのHPにアクセスしてポイントの残高確認したらとっても嬉しいことになってた…って話(笑)
これって、失効すんだろか? よっく確認しとこw

今時のハウスカード(クレジットカード)とか銀行のキャッシュカード、交通系のICカード、電子マネーカード…とにかくサービスが多すぎて、どれがいいのか?なんて追っかけていたらキリがない。

あ、あとsuicaもあったっけな…w


カテゴリ:
とにかくこんな嬉しいことはないw
4人目の野球賭博を出したG。
膿を出し切れてなかったというが、そもそも調査自体が甘かったのではないか。
事件の全容をすべて暴こうというより、事件そのものを早く消去してしまいたいがため、笊のような調査しかしてなかったんじゃないのか。
そもそも身内に甘い…というか。

プロ野球界の盟主だとか、プロ野球の人気は強いジャイアンツがあってこそ、なんていう驕りも甚だしい言い分を言い続けてきたナベツネ。
オラに言わせりゃ、お前のその“なに様”な態度がプロ野球人気の低迷の原因だろ!…って。

以前、プロ野球選手会(古田敦也)の要望に対して応えた言葉にオラはキレたことがある。
「選手の分際でなにを言っている!たかが選手。分をわきまえろ!」

あの時はハッキリ言って殺意だったわ。
幕末だったら絶対暗殺されてたな。
まさにプロ野球界の癌。
こいつのお陰で大ファンだったジャイアンツもこの世からなくなって欲しいとさえ思うくらい大嫌いな球団になった。
(大嫌いな堀内が監督になり、仙台にイーグルスができたせいもあるが…)

いや、ま、とにかくナベツネ復帰は絶対にやめてくれ!
このまま棺桶でいいから。

カテゴリ:
今の日本の電力事情ってどうなんだろ?
震災以降ほとんどの原発が止まって、火力や太陽光発電など再生可能エネルギーに頼ってる。
実際、これで足りてるんだろうか?
電力会社の台所事情はよっく知らんが、電力不足で停電になったって話も聞かないってことは、なんとかやっていけてるようだけど…。

個人的には原発は反対。
あの福島の惨状を見たら、どんなに世界最高レベルの安全基準を満たしているからと言っても300%安全だとは言い切れまい。
“いちえふ”だってそれなりの安全対策はしていた。
想定内の安全対策は十分だったのかもしれないが、事実起きてしまった災害は“想定外”の出来事だった。

その想定外の範囲がどんな基準で設定されているのか。
震災以降どこまで基準が見直されたのか。

よもや、これまでに毛の生えた程度の安全基準ではあるまい。
マグニチュード10震度9クラスの巨大地震・100m級の津波・核攻撃・テロリストによる占拠・宇宙人の攻撃…etc
想定される事故事件に遭遇しても1mmも揺らがない安全基準であるならば原発の存在もありであろうか。

原子力は確か壮大な力だ。
人間の暮らしには大いに役立つかもしれんがリスクも相当なもの。
一度牙を剥けば、人の一生では収まりきらないくらい果てしない時間とカネをかけなければならなくなる。

震災から5年。
震災直後数年は何かと大変な時期だっただけに、原子力必要論ありきな面もあったけど、もういい加減、本気になって原発に頼らないエネルギー論にシフトしてもいいのではないか。

広島・長崎・福島。
仏の顔も三度まで…。

2億1,600万円也

カテゴリ:
01_Lamborghini-Centenario04_Lamborghini-Centenarioランボルギーニ・チェンテナリオ
ジュネーブショー2016にて発表のあったランボ100周年記念モデル。
クーペ20台、ロードスター20台の計40台が即完売だという。

中東の石油王がポケットマネーで買ったんだろうな。
よっく見ると全身カーボンだったりする。
黒と黄色のデザインは最初見た時、ユニコーン・バンシィかと思ったわ(笑)

スペック見ても、もうどうでもいいや…って感じw
凄すぎてため息も出ねぇ…(^^;


カテゴリ:
先週から福島のいわきと仙台の間を行ったり来たり。
昔と違って今は埼玉の三郷市まで開通している常磐道1本で行けるので、気分的にも距離的にもエラい近くなった。

仕事が終わって泊まらずに帰ってくる場合は21時頃いわきを発って仙台着が23時過ぎ。
約2時間なにがしをほとんど直線の高速道路を帰ってくる。
片側1車線だけど夜は交通量も少なく80km/hくらいで走ってるトラックもそんなに苦にならない。
逆に数キロごとに設定してある追い越し車線で運転にメリハリついて眠気の防止にもなる。
(亘理の鳥の海Pを過ぎるとあとはしばらく何もないのだが…)

常磐富岡ICをすぎてしばらく走っていると海岸方面が明るい。
福島第一原発だ。
昼夜兼行で作業しているのだろうか。
高速道路脇の町には所々街灯が灯ってるだけで民家の明かりは全くない。原発周辺だけボー…と明るい。
虚しい明かり…。
本来なら安定した電力を得るための施設なのに、今はただ無駄に消費しているだけのような感覚になる。
本末転倒だ・・・

速度規制70km/hを120km/hくらいでぶっ飛ばして抜いていく車がいる。
しばらく行くと遅いトラックに引っかかってて追いつく。
で、追い越し車線でぶっ飛ばして行ったかと思うと、またもやトラックに引っかかってる(笑)
ずーっとそれの繰り返し。
ご苦労さん…だっちゃね♪

相馬・新地を抜けると宮城県。もうすぐ到着。
そこからは30分程度で家に着く。
亘理からは“仙台東部道路”の名称になって片側2車線、速度も100km/h規制にUP。
左手には仙台の明かりが見えてくる。
活きてる明かり。
大年寺山のテレビ局の鉄塔が “晴れ”のイルミ。

よし、早く帰って風呂に入ろう♪

このページのトップヘ

見出し画像
×