カテゴリ

カテゴリ:仙台市から

定禅寺ストリートジャズフェスとBLUE GIANT

カテゴリ:
P9108459The26th 定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台
2016.9.10(sat)〜11(sun)

夏の終わりというか、初秋というか。
杜の都が音楽に彩られる2日間。
初日の今日は天候にも恵まれ、しかも猛暑から解き放たれた仙台は心地よい風が吹いて、絶好のジャズ日和だ。

特に今年は目的のアーティストやバンドを決めないで、ぶらぶらと会場めぐり。ステージはどこ行っても黒山の人だかりだったけど、端っこに座りながらBGMのように聴き入って来ました。


P9108467
でもってジャズつながりな出来事がもう一つ。
「BLUE GIANT」の作者 “石塚真一”氏が来仙。
BLUE GIANT 9巻の発売を記念してサイン会がS-PALのくまざわ書店であったので(事前に予約済み)行ってきた。


9巻の発売ってことだったので、みなさん9巻にサインを頂いていたけど、なんだか中途半端な9巻に…ってのがいずくて、どうせなら切り良く1巻にしてもらおう…って持って行ったのす。

「先生、1巻にお願いしてもらっていいすか?(^^;」
「お、ちゃんと買ってくれてたんだね♪ ありがとうございます!」
「とーぜんじゃないすか!地元仙台のマンガっすよ!」
「ジャズフェスに合わせて仙台に来たけど、やっぱりこの時期は(取材)ネタが多くてね♪」

ってな感じの、かなり気さくな石塚先生でありまして、話し込みながらも“宮本 大” のイラストもササッと描いて頂き「つかみはOK」なお方でありました(笑)

ってことで、当の「BLUE GIANT」本編も本日より新章に突入(ビッグコミック)
なかなかおもしろい展開になってきたところです♪

吹き流しに涼を求めて

カテゴリ:
P8068378「仙台七夕まつり」8/6〜8/8
絢爛豪華な伊達なお祭が今年も始まりました。
お決まりの名掛丁〜伝馬町〜大町〜一番町(一丁目〜四丁目〜サンモール一番町)と仙台銀座〜仙台朝市をグルッと回ってみました。
変な話、入賞する飾りを作ってるお店や企業って毎年だいたい決まってます。

「七夕作り」をちゃんと理解しているかどうか。
伝統的な作り方や飾りのアイテムをきちっと入れて、なおかつお店の伝統だったり企業イメージだったり、或いは創作性をしっかりイメージ出来てるもの…ってとこでしょうか。
そういう意味では仙台を代表するような老舗は判ってますな。
見る側からすれば「今年はどんなの作ってくれるんだろう♪」って期待しちゃいますがw

kanezakiちなみに私が毎年楽しみにしてるのはブランドーム一番町の笹かまぼこ屋さん「鐘崎」の七夕飾り。
左が去年で右が今年。
お店の独自性・創作性が出ていて、王道からすればハグレていますが、デザイン的にもきっちりまとまっていて好感が持てます。


昨日の花火大会もそうだったけど、なんだか例年より人が多く感じました。
天気が良いせいもあるけど、あれだな…
地下鉄東西線開通も結構影響してんだろう…って。
八木山とか荒井の人なんか、そのまま地元から乗って青葉通一番町駅で降りりゃ一発だもんね。
こうクソ暑けりゃ乗り換えなしで目的地まで行けるのは相当楽ちんでしょう♪

タイトルに「涼を求めて…」なんて書いたけど、風はそれなり適度にあって吹き流しが心地よく舞ってて気持ちよかったけど、それ以上に気温が暑かったすなぁ(^^;A
人混みの中でベトベトの腕が接触するのはあんまり気持ちのいいモノではありませんw
帰って来てそっこーシャワーを浴びてエアコンの中に閉じこもるのが最高の「涼を求めて」だったりします(笑)

仙台七夕花火祭

カテゴリ:
明日8/6からは「仙台七夕まつり」
いよいよ仙台の夏本番でございます。
街なか商店街にも笹竿が運び込まれ、明日の飾り付けを待つだけとなりました。

七夕花火で、今日8/5は七夕前夜祭の「第47回仙台七夕花火祭」
仙台城二の丸跡地(東北大学構内)より16,000発が打ち上げられました。

自分としては七夕の花火を見に行ってきたのはホント久しぶり。
我が家はよく松島の「灯籠流し花火大会」には行ってたけど、震災以降はいろいろ諸事情で実施されていないようで、今回はカミさんが「桟敷席買う」ってんで、場所取りもせずゆったり眺めのイイトコで観てきました。

やっぱ心躍りますな♪
腹に響くデッカイ音がなんとも心地いい。
色とりどりの風流さと蒸し暑い日本の夏の夜を感じながら楽しんで来ました。


2016仙台青葉まつり

カテゴリ:
もうホントに毎年良く晴れる。
このブログにある青葉まつりの記録は2010年からだけど、今年2016年までとにかく毎年晴れ。
(2011年は震災でまつりが中止になった)
本まつりの当日は雨はおろか曇った記憶もないくらいピーカンな、まさに晴れの特異日だ。

定禅寺通のケヤキ並木と初夏の日差しが織りなす緑のコントラストがすごい。
仙台が一番美しく萌ゆる季節。

お囃子につつまれ欣喜雀躍のすずめっこたち。
伊達武者行列と荘厳な12基の山鉾。
豪華絢爛な時代絵巻の巡行。

個人的には夏の仙台七夕も好きだけど、青葉が芽吹いてくるタイミングでのこの盛り上がりが一番好きだ。

P5157884P5157864P5157874P5157844

グランドオープン

カテゴリ:
P3187471本日、仙台駅東西自由通路とS-PAL東館&本館がグランドオープンした。
東西自由通路はこんなロケーション。
東京・横浜のショッピング街のような、随分というか相当垢抜けた感じw
しばらくぶりに仙台を訪れたりこれを知らないで西口から東口に向かおうとする人はこれ見た瞬間「えっ?! @@;」って思うだろうな(笑)
通路自体の幅も高さも開放感もぜんぜん違うんだもの。
さらにこの隣には2017年春オープン予定のホテルメトロポリタンも建設中。
東口全体のビジュアルが大きく変わる。

P3187460個人的には東口改札ができたことが大きい。
都会の人から見れば「仙台駅なでかい駅に改札ってひとつ(西側)しかなかったの?」って思われるかもしれないが・・・西口しかなかったのです(^^;)
東口から来た人は東西連絡通路を通ってわざわざ西口に回って改札しなきゃならなかったのだ。
といっても西口(中央改札口)の方向からすれば南口改札って感じなのだがw
それでもホームから階段登ってそのまま東口改札できることは嬉しい。
koboスタにイーグルス観に行く人も随分アクセスよくなったと思う。

P3187474S-PAL東館のショップは2Fから4Fまで。
全フロア全ショップ見てきたが仙台初出店のお店も多く、なかなか面白い。
特に目当てだったのは広瀬通のショップから移転してきた「THE NORTH FACE+」と仙台初出店「東急ハンズ」


TNFは以前2店舗制だったお店を1店舗にまとめたせいかボリュームが出た感じ。
それでも今は春夏物展開なのでおとなしい感じだったけど、秋冬のダウンやマウンテンパーカーが出た時はもっとインパクトのあるお店になりそうだ。

東急ハンズ。
やっと仙台に来てくれた…って感じw
なんつったってワタクシがまだams◯武入ってまだペーペーの時に、今のエンタツPの空き地に「ハンズが来る」って話が最初に出たのが約30年くらい前の話。
しばらくしてその話がなくなって、代わりに西武百貨店本体がやってくるって話になって、内部的にはそこそこ具体的な話になったんだけど、バブル崩壊とともにいつの間にやらその話も頓挫。
いつの間にかams◯武もLOFTに変わってしまって・・・

品揃えやフロア展開はひとつのビルまんまなLOFTの方がボリュームあるけど、ハンズの方は意外と濃い中身。商品ウォッチしていてもなかなか楽しかった♪
年末の市場並みに人混んでたわ。つか、開店景気で閑古鳥泣いてたらめっちゃヤバイもんねw

落ち着いたらまたゆっくり行ってみよ♪

新しい駅2つ

カテゴリ:
IMG_4522久々に街に出た。
地元の東仙台駅も竣工し、すでに先月28日から運用が始まっていた。
竣工後は初めての利用。
駅前で数カット写真撮って駅舎の中へ。
階段登るのは以前と同じ。

自動ドアじゃん(笑) 以前は手動で開け閉め。
寒い時、開けっ放しで通る馬鹿者も大勢いたっけな…。
あ、郵便ポストも復活。ここにあるのは意外と便利なんだわ。

内部は・・・
以前と変わらんw
券売機も窓口も自動改札の位置や台数も。
旧キオスクのあった売店のスペースがなくなったので、感覚的には待合スペースが狭くなった感じ。
総合的に見ると、やっぱり東仙台駅は東仙台駅から脱却できなかったようだ…(笑)


IMG_4528で、こちらは仙台駅。
段違いの変わりようですな(笑)
駅の東側と西側を繋ぐ「仙台駅東西自由通路」
これは駅東口(ヨドバシ側)から上を見上げたショット。通路の向こう側が西口。駅2階コンコースとエスパル入口方面。
大きな吹き抜けになって日も射す広々とした空間が特徴。
これまでの東西自由通路からするととてつもなく広い通路になって、しかも両側ショッピングゾーンが広がる。
将来的にはホテルやさらなる商業スペースも隣接する予定となっている。

供用の利用開始は今月18日。
エスパル東口館と仙台駅東口改札もオープンする。
駅東側に住む宮城野区民は改札でわざわざ西口に回らなくていいのはめっちゃ便利になるかも♪
今や駅裏にあらず。宮城野区民にとっては東口が駅前と呼ばれる日も近いw

う〜む…しかしあれだな・・・
駅名に“東”が付くか付かないかでエラい大きな差別だっちゃね(笑)



12/20の徘徊

カテゴリ:
昨日、街中に買い物行った時のスナップ。

IMG_4267
仙台市地下鉄の新しい入口。
仙台駅(S-PAL地下1階)〜LOFT地下1階へ通じる地下道の途中にできました。写真の右に行くとこれまでのLOFT地下1階入口。
新しい地下鉄入口から入ると、これまでの定期売場の南側につながって、更に直進すると東西線の改札へ出ます。

東西線仙台駅は管轄外だったので今回初めて踏み入りました。
慣れないとキョロキョロ…お登りさん状態っすなw

実はまだ“完成した”東西線には乗ってないのだすw
今度ゆっくりと…ですな。

IMG_4268
イービーンズ横に新築中の“PARCO 2” 来年春開業予定で工事が進んでます。
もうこんなに建築工事進んでるんだ。
PARCOTOHO CINEMASのサインが付いちゃってます。
この調子だと3月前には内装工事始まっちゃいそう。


IMG_4265駅前から帰って来て、こちらも新築中の東仙台駅。
基礎が終わって鉄骨支柱が組まれてきてます。
正面斜めの梁の部分が正面入口の大屋根になりそうな感じ。
この工事と同時に1番線2番線の連絡通路も足場組んでるので、この陸橋も改修はいるのか?…と思ったら色の塗替えらしい。
改修と同時に南口できるのか?…と思ったんだけど・・・(^^;

IMG_4270東仙台駅前。
で、この間まであった「麺処 重三」に代って「麺屋 翔」なんてのが改装準備中。12/23 OPEN予定だそうだ。
“麺屋こぶし”までは行列店だったけど、“重三”はあんまり芽が出ませんでしたな。
今度はいかがなもんでしょうか。

IMG_4271昨日は夕日がきれいでした。
東仙台駅の東側に架かる歩道橋から。
こういうシーン、たまにアニメの背景にあったりしますw
なんか・・・
長町の様変わりみてると、東仙台も仙台駅から一駅なんだから、もうちょっとなんとかなった方がいいんじゃね…って思うんだけどw
ま、駅降りて出てくると見慣れた街並みで安心するんだけどね…。

祝 開業「仙台市地下鉄東西線」

カテゴリ:
5明日2015年12月6日、待ちに待った「仙台市地下鉄東西線」の開業。
東の終点“荒井駅”と西の終点“八木山動物公園駅”からそれぞれ1番電車が午前5時35分に出発する。
約2年間、この事業に係わってきた者としては「待ちに待った…」と言うより「やっと…(^^;」という気持ちの方が強い。
建築や土木のゼネコン関係者は7〜8年携わってきてるので更にご苦労様…ってとこかm(_ _)m
終わってみればあっという間で、2年前に図面描き始めた時は「2年も先か…」なんて遥か遠い目をして仕事してた気がするw

今回はこんだけ大きい事業だったけど、管理してくれてた会社の担当者さんがメッチャいい人で、この上なくやり易い環境を提供してくれたのは大いに助かった。
そういう仕事してくれるとこちらも「頑張らなきゃ♪」ってなるのは道理だものね。

それでも、仙台駅から3つ目“国際センター駅”は今年の3月に仙台国際センターで行われた「国連防災世界会議」に間に合わせる!…てことで、今からちょうど1年前くらいには前倒しで施工しなきゃなくて、しかも会議に出席される天皇皇后両陛下も視察なさるってことで、たまたま平行して“東北6県doc◯moの旅”を行いながらバタバタやっつけたっけなw
↑ちゃんと駅名サインも付いた時は「ヨシヨシ♪」とほくそ笑んだりしたっけ(笑)

ま、こうやって自分が携わった仕事が公共の空間に残るってのはこの仕事の醍醐味であって、その建物や地域に愛着を持てる原因になるんですな。
まさに「やってて良かった」と言える瞬間。

仙台市地下鉄東西線。
杜の都の新しいシンボルとして、事故なく市民の足として活躍を期待してます。



色づく経ヶ峰

カテゴリ:
PB116613午後、向山での打ち合わせが早く終わったので、そのまま鹿落坂下って御霊屋“瑞鳳殿”へ。
経ヶ峰はご覧のとおり木々が色づいておりました。
本格的な見頃にはもうちょっとかな。

駐車場に停めて坂道を歩いて行くと、じーさんが息も絶え絶えにヒーコラ(><;いいながら登っておりました。
先行している同行の別じーさんも声を掛けながら「がんばれ〜!まだ半分以上あるど!」って。
そこは「あと少しだ!」って励ました方がいいだろ!…って心の中でツッコミ入れながらもスルーしましたけど…(^^;)
んだけど坂道を登り切ったところから今度は石段が始まるんだよねw
殿のお墓参りもお年寄りには酷なところですな(笑)

来週辺りから夜のライトアップも始まるそうで、まだ夜は来たことないので再訪してみようかの♪

大正仙臺東西南北

カテゴリ:
PB106589「大正仙臺東西南北」
大正14年に発行された仙台近郊の地図。
約90年前の仙台市ですな。
「風の時編集部」が元々東西2枚組だったものをA0版にまとめ復刻させました。

ちょっと判りづらいけど、いやはや、見事に田んぼや山だらけですな(笑)
いわゆる市街地(住宅密集地)は家が描ききれないので黒っぽく塗られてて、現在の繁華街や商店街と符号してます。

こういう古地図の醍醐味は、当然ながら現在との地続き感の中で、昔の町並みの様子、土地利用などが見て取れること。
今いる自分の家は90年前どうなっていたのか?
あの道は昔からある道だ。
町や地名が今と違う。
…とか、いろんな発見があるのがめっちゃ楽しい♪

PB106591当時の我が家の近辺。
“新田”などと、名前の通り田んぼだすw
その中に浮島のように部落がポコンとある。
地域の氏神様“大山祇神社”…オラたちは神社公園ってよんでる。
2重の点線は恐らく畦っぽい道で1本の破線は水路(ドブとかw)だろうな。
思えば子どもん時、地図のあたりに用水路とかあったもの。
北側の線路は東北本線。東仙台駅はまだないw

これをベースにした地図アプリがただいま申請中だという。
市内中心部を描いた大正元年の地図を歩くアプリ「仙台地図さんぽ」の第2弾としてまもなくリリース。
今度は、市街地近郊を古地図アプリ片手に徘徊だわd(^_^o)

定禅寺ストリートジャズフェスティバル

カテゴリ:
P9126297未曾有の水災害を引き起こした低気圧と雨雲も去って、抜けるような青空になった仙台市。
今日と明日は恒例の、
「The25th 定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台」
街中あちらこちらで軽快な音楽が奏でられる2日間だす。

25年も経つんですな。
ずいぶん大きなイベントになったもんだと感心するす♪
バンドのMC聴いてるとその口調から関西のミュージシャンだったり、明らかに外国人のバンドだったり、いろんな地域のバンドさんがはるばるやって来て演奏を楽しんでる。
「ルパン三世のテーマ」だったり、T-SQUAREのコピーバンドが「TRUTH」生演奏したり、それを観て聴いて手拍子して一緒にスイングするのがめっちゃ楽しい♪

そういえば、ここんところ小さいバンドの演奏しか聴いてないので、ビッグバンドのライブも聴いてみたいですな。

P9126321「BLUE GIANT」の宮本大くんも遊びに来てました(笑)
ってか元々仙台人っすからねw
そういえば彼はジャズフェスに無理くり飛び入り参加して喝采を浴びたんだっけw
いつの日かホントに凱旋して素晴らしいライブを披露してもらいたいもんです♪

で、戦利品のスポーツタオルも買ってみました。

100年掛かっても越えられない白河関

カテゴリ:
IMG_3812ほんとに遠い。そして高い高い白河の関。
第97回全国高校野球選手権大会
仙台育英の奮闘むなしくまたもや準優勝で終わった。
決勝戦にふさわしい白熱した試合だったが最後の最後に突き放されてしまった。
主戦“佐藤世那”も連戦連投の中、頑張ったのはホント褒めてあげたい。
平沢大河のホームラン・タイムリーヒットにも歓喜した。
2ベースヒットの大会新記録もあった。

でもやっぱ悔しい…!
来年また頑張って(甲子園に)戻ってきて下さい、とか悲願は達成できなかったけど立派な準優勝おめでとう、とか言うけどこの瞬間はやっぱとてつもなく悔しい。
もうこれ以上の本音はない。

心から「おめでとう」とか「ありがとう」って言えるまでにはもうちょっと待って下さい(笑^^;)

それでも100年の高校野球の歴史の年。
いい記憶が刻み込まれました。

悲願達成!…なるか

カテゴリ:
夏の甲子園は明日いよいよ決勝。
宮城代表 仙台育英…
願ってはいたけれどもマジで決勝まで来るとは…(^^;
それだけ宮城…いや東北の高校にとっては真紅の大優勝旗ってのは現実味がないものなのだ。
一昨年、楽天イーグルスが日本一になった時も正直どうしていいのか判らんかったw
リーグ優勝どころか日本シリーズ優勝なんて経験したことないんだもの(笑)

20150819-00000031-mai-000-10-view今日の準決勝 vs早稲田実業
よもや7-0のスコアで勝つとは思わんかったw
佐々木監督も言ってたように5〜7点くらいの打撃戦を予想していたけど、こうまで一方的だとは…。
しかも1〜9番まで打線がメッチャ調子いい♪
どっからでもヒット出るし繋いでいける。
でもってこの男“3番ショート平沢大河”
甲子園に来てからもエライ好調で今日の3HRで今大会通算3ホーマー。
明日3本打って清原の5ホーマー抜いてしまえ!(笑)
プロのスカウト絶賛らしく秋のドラフト注目ですなd(^_^o)
立花社長、是非また1番くじお願いします(^人^;)

ってことで、明日の宮城県地方は午後一からほとんどの経済活動・社会活動が停滞する模様w
電話には出ませんのであしからず(笑)

とにかく周りやマスコミは「被災地みんなの願い」だとか「被災地にでっかい夢を」とかって書きたがるが、誰のためでもないこれまで頑張ってきた自分たちの野球をシッカリ表現すれば必ず勝てる!
仙台育英、絶対優勝だぁーーーーー!

カテゴリ:
夏の甲子園。宮城代表仙台育英が26年ぶりの準決勝進出を果たした。
平成元年、帝京高校との決勝戦で破れたあの試合のことはよく覚えてる。
今年のように東北の代表が準々決勝あたりまで残っていて、なかなか盛り上がった夏だった。

準決勝だか準々決勝、Gに行った元木の上宮(大阪)の試合。
SEIBU SP◯RTSにいた時で、たまたまSALOMON(スキービンディング・ブーツ)のセミナー当日。
講習受けながらもSALOMONの担当者が気を使っていただき、逐一状況を報告してくれてたのが有りがたかった。っていうより流石に講習内容には実が入らないよね(笑)

で、ベスト4に仙台育英と秋田経法大付属が残って、両校が決勝まで残れば白河越確実!…って喜んでたんだけど、秋田は帝京に負けて、仙台育英が仇取る!って決勝へ!

試合当日は仕事だったけど、同じフロアに家電の売り場があったので、もう試合開始から入り浸りw
お客さんも社員もみんな気になってしょうがないんだもの。
なかなか点の入らない試合で、結局延長のすえ負け…。
1週間くらい体力も気力も灰色な状態でいたっけな…w

その後、ダルの東北高校が常総学院との決勝ってのもあったけど、これも準優勝。
今のメジャーに行ったダルの実力だったら絶対優勝してたのに!
・・・高校生に打たれるワケねーかw


四半世紀近くを経て、真紅の大優勝旗にまたぞろ近づいてきた。
プロ野球日本シリーズ優勝は味わうことができたので、高校野球の全国制覇をぜひとも!
頼むから生きてるうちに地元に優勝旗を持ってきてくれ!


仙台七夕まつり

カテゴリ:
P8075954「仙台七夕まつり」
戦後、七夕まつりが復活してから今年で70年目。
原爆の投下からも終戦の日からも70年。
あの終戦直後の焼け野原だった仙台の町並みの写真からすれば、よくぞここまで復興したもんだ…と。
ここ数年は東日本大震災からの復興や願いが書かれた短冊をよく見かけるのと同じように、終戦直後の七夕飾りの短冊には戦後復興の願いが書かれたものが多かったんだろうな…って。

気温は35℃を超えて4日連続の猛暑日は昨日までの3日連続を更新する新記録。
正直、仙台でそんなに暑くならなくても…って思うんだわ(^^;
ま、でも期間中200万人の人出でかき氷やら冷たい飲み物の出店なんかはバンバン売れるから良かったんでないの(笑)
明日はグッと下がって29℃の予報で凌ぎやすそうだけど、一時雨も降る…ってんだから今日行って良かったかな。

…そういえば明日は“立秋”だよw

今週末は仙台七夕

カテゴリ:
IMG_3684仙台駅の2Fコンコースとペデストリアンデッキの出入口には七夕飾り。
いよいよ今週末6〜8日は“仙台七夕”が始まる。
昔…といっても中学・高校くらいの時は「こんなもん、なにがおもしぇんだ?」って思ってたw
ダラダラとクソ暑い中人混みの中を駅から一番町まで歩いて、飾ってるだけの七夕…。

それがいつのまにやら毎年ひとつひとつじっくり見て写真に撮ってこないと気がすまなくなってしまったw

人間、歳食って丸くなったというか、そういう“静”の奥深さを知るようになったというか、とにかく若い時には知る由もなかった何かが歳とともに備わってきたんだろうと…(笑)

そうやって見るようになってからは毎年同じように見えていた七夕飾りも年ごとにまるっきし違うことにも気がついたし、ある意味作った人達の“想い”が見えたりもする。
震災の年の七夕はやっぱり例年とはたしかに違ったしね。

天気予報見ると開催期間中はヤバいくらいの気温みたいだけど、伊達な心意気を是非見に来て欲しいっすな♪

明日は選挙

カテゴリ:
toppu明日は仙台市議会議員選挙
いやはや、市議会議員の選挙ってのは地元密着なもんで朝の8:00に選挙カースタートするとびっちり夜の8:00まで「ありがとうございます!ありがとうございます!」の嵐w
国会議員選挙だとなかなかこんな住宅街の中まで入ってこないので案外静かなもんだけど市議会議員選挙はねぇ…w

今日なんか、梅田川の土手走ってる時に並行した車道から「暑い中ランニングご苦労さまです!」なんて声援送られちゃいますた(笑)
思わず手で軽く合図したけど、ミンスの議員さんなのね。
気持ちだけ頂いておきます(^w^)

ホントは一番自分たちの声を地域の行政に反映させやすい市議会議員さんだけど、スター性がない立候補者が多いのか、なんとなく盛り上がりにも欠けるようだ。
謝罪会見で「うゎ〜〜〜〜〜〜〜〜んっ!」と大泣きするような市議会議員さんじゃなきゃ盛り上がらんのかも(爆)

地域に橋作ってくれとか、駅のアクセス良くしてくれとか、カーブミラー建ててくれだとか、とにかく身近なところの改善とかは話に乗ってくれるらしいので、ある意味シッカリ地元意識のある方に投票したいっすな♪

せんだいタウン情報40周年記念号

カテゴリ:
IMG_3561数日前に「S-Style」に関した話題を書いて、奇しくも「せんだいタウン情報の方が良かった」みたいなことを書いたのだが、偶然(?)にも「せんだいタウン情報」が臨時増刊で復活してしまったw

創刊して40周年なんだそうだ。
オレらがちょうど小学生から中学生って時代で、世間並みにいろんなことを覚え始めたり知ろうとしている時に創刊になったんだっちゃね。
まさに同じ時代を見てきた情報誌だ。

在仙のアーティストや芸能人・有名人のこの40年の思い出やせんだいタウン情報にまつわるエピソードなんかもかなりうなずける内容。
全くもってジェネレーションギャップはありませんw

団十郎さんとか葵ちゃん(ジャンボリクエストAMO)も載ってた。
2人とももろにじーさんばーさんになっちゃって「アララ…^^;」って感じw
中学・高校の時は “TBC命”みたいな感じでラジオ聴きまくってたしハガキも書きまくったし公開録音にもずいぶん行った。

「仙台人気者コンテスト」みたいのもあって、かなり組織票もあったと思うけど、今の時代(当時)仙台で名をはせてる奴は誰だ?…ってのに興味があって毎年楽しみな企画だった。
どっかの学校の先生がランクインしてたり…そんなの知らね!…なんてw

とにかくネットのない時代だったから、こういう情報誌からしか“仙台”を知ることができなかったもんね。ホントお世話になったし頼りにしてたわw

また50周年の時にでも懐かし企画やって欲しいですな♪


一箱古本市

カテゴリ:
P6065837毎年恒例「Book! Book! Sendai〜一箱古本市」に行ってきた。
気合入れすぎたせい(?)で開店時間の11:00前…10:30過ぎには会場に到着してしまって、オープン前から各本屋さんの物色開始w
早く行けばそれだけ掘り出しモンに当たる確率も高いから…って思ったけど、実際のところまだ各店主さん品出し終わってないんだわw
結局、最終的には3周くらいしますたけど…(^^;
一応お目当ては、
「POPEYE(平凡出版板)」「FM STATION」「片岡義男」etc…

POPEYEの兄弟誌「BRUTUS」は意外とあるんだけど、POPEYEは1冊もなかった。
(マガジンハウス出版になったリニュー後のヤツはあるんだけど…)
とある店主さんに話を聞くと自宅にPOPEYEはあるのだが今回は持ってきてないという。
(持ってこい!…っつうの^^;)
帰り次第リスト作ってみるから、それで交渉しましょう…ってことになった。
うん♪ ツボなヤツが見つかればいいな。

「FM STATION」は鈴木英人イラストのカセットレーベルが付いてるヤツを探してみたけど、これも1冊もなしw
「片岡義男」の小説は角川文庫版が数冊あったけどどれも持ってるのでパス。
で、エッセイの「文房具を買いに」ってのを発見♪
例によって写真入りの“片岡ワールド”満載の1冊を収穫できました。

“Book!Book!Sendai”が企画する本のイベント「Sendai Book Market 」は一応今年が最後の開催。
一般の古本屋さんから本を買う…というありきたりの商売じゃなく、ある意味“オタク”な店主が自分の趣味の本を売るので、気が合う店主さんとは話が弾む弾むw
そういう楽しさもあったイベントだけに、無くなってしまうのは残念。
来年以降、別な形でもいいからこういうイベントを仕掛けてもらいたいものですな。

S-style

カテゴリ:
IMG_3512せんだいタウン情報「S-style」 たまに買ってみた。
特集の「最新の仙台まち歩き」なんて見出しにジャケ買いw

なんちゅうか・・・
オラ的には昔の「せんだいタウン情報」の方が中身はあったような気がするな。
当然時代は変わってるんで'80年代'90年代と同じようなやり方や情報出ししててもダメなんだろうけど…。
逆言えば当時は珍しいお店やトレンディなお店、目を見張るイベントもそんなに多くなかったから、ある意味情報に飢えてたようなところもあった。
今は極端に言えば規模は違えど東京と同じ情報があって、しかもその量は昔をはるかに凌いでいる。
そんでもってグルメに走りすぎ…な感じ。
ラーメンだって毎月似たり寄ったりな記事しか出ないし「困った時のラーメンネタ」的にしか思えん。
こんだけネットが普及しちゃってれば、雑誌買って情報収集なんてことも少なくなるだろうに。
ネット時代における紙媒体の情報雑誌を出版する意味合い…ってところで企画を組んでもらった方が、読者的には差別化できると思うのだが。

雑誌云々言ってみたけど、どうなんだろ…。
もしかして仙台の街自体がつまらなくなってしまってんのだろうか?

この次はそんなこと思いながら改めて街中見渡してみっか。

このページのトップヘ

見出し画像
×