カテゴリ

カテゴリ:ラーメン部

仙台中華蕎麦「仁屋」

カテゴリ:
IMG_4760
仙台中華蕎麦「仁屋」
仙台市青葉区本町1-12-12 GMビル1F(東北電力本店ビル向かい)
2016.6.17グランドオープン

仙台屈指のつけ麺屋さん「しずく」のオーナー駒井さんの満を持しての2号店です。

昨日、6/15はプレオープンに招待いただき、いち早くごちそうになって参りました。
1週間ほど前、オープンの準備でメッチャ忙しい時に陣中見舞いに伺って、話を伺えました。

「これまで仙台にないモノを提供したかったので敢えて屋号に“仙台中華蕎麦”と付けたんです」
「“仁”という言葉が好きで、その精神でやっていきたい」

とおっしゃってました。
「仁」…他人に対する親愛の情、優しさを意味しており、儒教における最重要な“五常の徳”のひとつ。社会秩序(礼)を支える精神、心のあり方である。(wikiより)
謙虚で真面目な人柄っぽく感じますが、2号店をオープンさせるなんていう非常にバイタリティと野心あふれる熱いお人です。

お店の造りも一瞬「寿司屋?」と思えるような純和風な佇まいで、これも駒井さんのこだわりが色濃く出てます。
内装や家具・調度品・装飾・サインなどなど、仕事柄なめまわして拝見させていただきましたが、一部網代天井など相当カネ(経費)掛かったんだろうなぁ・・・(笑)

IMG_4765で、頂いてきたのは「特製中華蕎麦」
ももと肩のローストチャーシューが2枚ずつ、蔵王地養卵の味玉が乗った、シンプルなビジュアルながらも豪勢な顔。
スープは比内地鶏。
鶏というと透き通った油がコテコテ過ぎる場合もあるけど、比較的抑えめ。お陰で心地よい程度の地鶏の風味を楽しめます。
濃すぎると“きりたんぽ鍋”になっちゃいますからねw

麺は好評な「しずく」の自家製麺で職人さんが打ってるそうです。
とにかくスープと麺の相性はバッチシ!間違いないっすなw

オープン時点でこのクオリティはさすがですな。
ノムさんが昔イチローを語った言葉を思い出しました。

「天才が努力したら恐ろしい」…と(笑)


荒町商店中華そば「ふじやま」

カテゴリ:
オープンしてからしばらく経っちゃったけど、初訪問だす。
IMG_4607荒町商店中華そば「ふじやま」
以前の「誠和」の居抜きだす。
開店直後からツイッターでも結構な人気らしく、昼時はそれなりの混みようらしいですな。
で、午前中から昼にかけて用足しした後、ちょうど1時半過ぎだったのでさほど混んではいまい…と思って行ってみると、カウンター席が1つだけ空いていて、際どく座れたってヤツw
やっぱ売れてんですなぁ。


で、食べてみたのは「追いさば節」ってヤツ。
“鯖”好きなワタクシにとってはタイトルだけでいってみよーと思っちゃったわけでw

しっかり煮干しのインパクトがあって、だけど前面に主張しすぎないなかなかハードでマイルドな感じ。
麺もプツン…というよりブツン…って感じのしっかりし過ぎってくらいの歯ごたえで、デフォルトでここまで固いのはここら辺じゃ初めてかも。
これまで麺の固さに注文出したことは一度もなくて、そこのお店のノーマルな固さを尊重してたので、こんなしっかりした歯ごたえの麺は今まで食べたことなかったんだけど、意外と“固め”ってのもいいかもしれませんな。

あっさり系の「白ふじ中華そば」ってのも人気らしいので、今度はそれいってみよー♪



喜多方ラーメン

カテゴリ:
会津出張でやってきたからには食べておかなきゃいけないものがある。
ソースカツ丼。
会津のソウルフードで、地元ではあちこちの食堂で定番的に提供しているメニュー。
昔、友達がSNSでUPしてたソースカツ丼はわらじのようなカツが3枚だか4枚だかが縦に盛られたビックリポンなソースカツ丼を拝見したことがある。
で、まぁ、その会津でソースカツ丼と言ったら…ってんでググってみると「村井」ってのがヒットした。
…が、数年前に閉店したそうな。なんか、有名店が閉店したって聞いて何となくソースカツ丼のテンションが下がってしまったわ・・・

ってところで、仕事先輩はちょっと足を伸ばしてでもこういう機会を逃す手はないってことで、がぜん喜多方ラーメンを推すw
ワタクシも本場喜多方でラーメンは食べたことがないので意見一致となった♪

会津出身の友達から数軒をピックアップしてもらっての情報収集。
何つったってあの地域に何百軒というラーメン屋がひしめいているもんだから、どうピックアップしていいのか全くわからん。
お勧めしてもらってもそれが当たりかハズレかなんてのも食べてみなけりゃわからん。

ってことで、喜多方市役所となりの「喜多方ラーメン館」にクルマ止めてお勧めしてもらった徒歩圏内のラーメン屋さんに行ってみることにした。

IMG_4519「松食堂」
隣が坂内食堂
という、なんだかすごいところ。
あの住宅地が昼時は年末の市場のようになる(笑)
喜多方のラーメン屋さんはそういう意外と地味な路地に忽然とあったりするのが意表ついててなかなか面白い。

IMG_4518で、オラが食べたのはお店一押しのチャーシューメン。
そうそう!このチャーシューだでば!
(以前も書いたけど今時のチャーシューははっきり言ってワタシ好みじゃない。お歳暮にもらうちょっとお高いハムのような食感と味なんだもの)
中太平ちぢれ麺もしっかりラーメンの麺の味がする。
うん、美味いっすなd(^-^o)
でもチャーシューがいっぱいなので、なかなか減らないのだw

こうなってくるとこんだけあるラーメン屋さんの中で自分に一番好みなのはどこなのか?…ってw
非常にヤバい悩みだわf(^^;)
全部は無理だとしても、地味に通って食べ比べしてみない限りは何とも言えんですな。
地味に通うことすら憚られる仙台〜喜多方の距離…。
次はいつこれるのやら・・・




春木屋郡山分店

カテゴリ:
「春木屋 郡山分店」
ずーっと来てみたかったお店。
同じ東北・福島県でも福島市以南ってなかなか行かないし、行ってもジャンクションから会津方面に行くための通り道だったりする。
昔、福島の友達がよっく訪れていて写真アップしてたもんだから羨ましくてw
で、先日“仕事先輩主導で…”なんて書いたけど今回はワタクシのリクエストで行ってきますた。

IMG_4415
「しお中華そば」750円
うん、やしくていいっすな♪
程よい脂と塩スープのバランスがいい。
麺もプツプツいい食感だし大き目のチャーシューも食べ応えがある。
メニューに関して言えば人気店だけに文句はなし…かなw
美味かったわ!

お店のスタッフも元気いいし、ある意味伊達屋とは正反対の“体育会系”な勢いのある接客がいい(笑)

思ったんだけど、超人気店は夜の部突入の夕方17:00とかが狙い目ですな。
気合い入れて並ばなくてもいいし、ほとんど混まないで座れるし♪
スープ切れで昼営業で終わらない場合のみ…だけどw

石川屋

カテゴリ:
出張行っての楽しみはご当地のラーメンが食えることw
つーか、オラ的にはラーメンじゃなくてもいいんだけど、同行の仕事先輩が今まさにラーメンにハマっていて、あっちこっち行きたい派なんだすw
酒田に行けば「月シリーズ」を極めたいし、盛岡行けば人気NO.1の「弥太郎」だっつうし、福島はまずは「伊達屋に行かないと気がすまない」っつうし…(笑)
はたから見れば全部オラ手動で動いてるように見えるけど、実は仕事先輩の希望で動いてるのだすw

IMG_4414
で、今日は郡山の名店“正月屋”の分店「石川屋」さんへ♪
懐かしいっすなぁ。
ここもはがっぺおんちゃんと遠征しに来たっけ。
わざわざ職場からエスティマハイブリッドを借りてくれて試乗を兼ねてやってきたっけw
もう6年7年前の話し・・・

IMG_4412
塩そば680円
あっさり体に優しい塩。
焦がしネギとエビチップとカイワレがいいアクセントになってました。
やっぱこういう優しいビジュアルのラーメンってメッチャそそられます♪

店主さん、ガラス張りの製麺室で一生懸命、麺作ってました。


さて、明日もふくすま。
彼はどこ行きたいんかのぅ…(笑)


カテゴリ:
昨日は伊達屋さんに行って美味かったブログを書いたけど、今日はその伊達屋さんに行って常々感じていたことが明らかになったことを書こうと思う。

伊達屋さんに行けば誰でも感じることなんだが、とにかく接客がめっちゃ丁寧。
8年前に初めて行った時も「うわっ!」ってくらい丁寧な対応。
ホール係の奥さん(?)か誰かは分からないけど、デパート並みのしっかりした応対がある意味場違いな感じくらいすごく丁寧だ。
それを受けて厨房の中で店主が麺上げしながら「ありがとうございます」「お待たせいたしました」「中華そば上がりました」と受け答える。
声出しサイコー(^-^)v

オーダーしてからも「早っ!」ってくらい早くは上がってこない。
むしろちょい遅いくらい。
でもその遅さが逆に“丁寧に作ってる”というイメージを感じさせる。
出てきた“作品”は言わずもがな、最高の美味さだもの、結果そこにすべてが集約される。
会計の時は手を合わせて「ありがとうございました」と拝まれちゃったよ(笑)

あのね、なんちゅうか・・・
今時のラーメン屋はとにかく不味くはない。
一人一人の好みの違いで好き嫌いがあるだけで、決定的に不味いお店なんかそうそうない。
(…あったら逆に有名店になるかもw)
けど、最近のラーメンブームに乗っかってこれ見よがしなお店って確実にあると思うんだ。
「うちのラーメンはこれだ!さぁ食ってみろ!」みたいな店主もいれば、ビジュアルや素材にこだわって美味さだけを追求するラーメン屋とか、必要以上にバカ高い値段のラーメンとか。
こだわりはいろいろあるんだろうけど、突き詰めればどこのお店行っても同じようなもんだ。
黒のTシャツ着て頭にタオル巻いてたりキャップ被ってたり、全くもって個性がなく、店主店員が入れ替わってもよっぽどじゃなければ気がつかんってw

自分が好きなお店って、確かにラーメンは美味い。
当然、美味いのが最大の条件だけど、それ以上に店主や店員さんの対応が素晴らしい。
やっぱり丁寧な対応だし、気さくに話もしてくれる。
サービス業なんだからある意味“美味さ”よりもそういったコミュニケーションの方が大事なはず。
多少不味くてもそういったコミュニケーションが取れれば好感度は上がるもの。
自分も昔、百貨店に勤めていたせいもあってそういう対応の仕方が気になるんだろうな。
こんだけ食い歩きしてたら「美味い!」ってラーメン屋はなんぼでもあるけど、接客が悪い店や印象が悪い店はほとんどリピートしてないからね。

そういうこと考えると、券売機の食券制は個人的には大反対。
人手が足りなくてなんぼ忙しくても、少しの手間が増えるだけであって、注文聞きするのは飲食業にとって来客した際の最初のコンタクト。すべてはそこでお店の印象が決まる。
最初の対応が“機械”ってのはやはりオラにしてみれば言語道断ですな。

あとね…。
行列の時の順番待ちね。
食べてる後ろに立って待ってられると、最高に好かん。
「食ったらとっとと出て行ってくれ」的な感じだもの。
人気店は待合室も考慮すべきなんだろうけど、最低限風除室とかで待ってもらって、店内の目に付くところで並ぶってのは勘弁して欲しい。
後手に回ってるお店って意外とあるものだ。


伊達屋さんに行ってみて、やっぱ豚とか鶏とか煮干しだとか節だとか小麦粉よりも“人”が一番の美味さだと確信したわ。



伊達屋うまし!

カテゴリ:
今日から仕事は福島編突入。
ドカ雪の山形編、極寒の岩手編を乗り越え、宮城の南にある分、暖かく感じる福島へと移ってまいりました♪
しかも福島市だったら仙台からも1時間程度。帰りも楽チンだす(^-^)v

IMG_4410で、福島だったら先ずはここでしょ♪ ってことで伊達屋
昼と違って夕方だったらそんなに並ばんでしょ。
一緒の仕事先輩と職人さんとでやってきた。
案の定、17時30分頃の入店で先客5名。楽勝でした♪
以前来た時は一番人気の「塩わんたん麺」を食べたので、今日は基本の醤油ベースの中華そば
3人ともみな中華そばw

IMG_4411うんにゃ〜!めっちゃ美味い!
この感じは仙台にはないっすな!
塩らー食べた時もビックリポン!するくらい美味かったけど、この醤油系中華そばもそーとーなもんだわ!
麺の太さ、茹で加減、スープの熱さ、ほろほろのチャーシュー、ネギの鮮度と食感、とにかく全部合格!
←で、当然こうなるわけで(^-^)v

一緒の2人も突然寡黙になって呼吸するのも忘れて食ってる(笑)
「いいラーメン屋教えてくれてありがとう」ってw

メインの塩と醤油の他に味噌もあるんだよね。
味噌…どうなんだろ?
次、いつになるか分からんけどイッてみっぺしd(^-^)

温泉とラーメン

カテゴリ:
IMG_4388温泉朝風呂♪
昨日仕事から帰ってきた時点で営業終わってたので、朝に入ってきた。
ヒノキの風呂と石の露天風呂。
湯温も長く入ってられるくらいちょうどいい。
外気は-7℃、なかなかの露天風呂日和ですなw
ユックリマッタリ。

昨日も書いたけど、やっぱこういう温泉宿の雰囲気はいいもんだ。
浴衣着てスリッパで廊下を行き来、風呂までの迷路を辿って暖簾くぐって湯煙の脱衣所。
自分でも気がつかないうちにあくせくした気分がリセットされてるものだ。

一緒に旅してるパートナーに言った。
「たまにはこういう宿取るすぺ」


IMG_4392IMG_4391







宿を出て本日は北上まで。
その前に腹ごしらえってことで、盛岡の友達に美味いラーメン屋をリサーチした。
「青山の“弥太郎”ってのが有名だよ」って。
昨日の現場が青山だっただけにちょっと因縁w
11:00開店だけど10:30着のポールポジションでシャッター待ち。

開店の時刻になっても他の客は現れない。
本当に有名店なんか? ま、盛岡だから…w
なんて思いながら、小上がりに。
基本の「中華そば」580円(安っす!)をオーダー。

むむっ!
ほのかな煮干し魚介系。「まるたけ」のあっさりに似ている。まるたけの方が若干煮干し立ってる感じ。
当たり障りのない一般受けしそうな出来合いで、これといってヨイショするような感じでもないんだけど箸が止まらない。最初の一口より、食べ進めていく度に美味さが出てくる感じ。
結局スープまで完食w 美味かった〜
ごっつぉーさんでした♪

気がつきゃお客さんいっぱいで店内店外客待ち。
開店してからだったらやばかったわ(^^;

後から、“弥太郎”でググってみると「盛岡で一番美味いラーメン」とあるw
マジすか!w
機会があったら今度は別メニューで。


今日は三日月

カテゴリ:
imageすんませんね、毎日ラーメンでw

そう何回も来れるとこじゃないんで、いるうちに酒田の名店は行っておこうと思いまして♪
で、「満月」に並ぶ老舗のラーメン屋さん「三日月軒」に。
オーダーはワンタン麺。


ん〜…なんちゅうか、悪いところもないけど良いとこもないw
しいて言えば微妙にえぐみを感じるスープが昔っぽく、長い間変わらず守ってきた三日月のラーメンなんだろうな…って。
ただ、昔っぽい味付けのチャーシューはやっぱりストライク。
個人的に今風のより好きかな。

店内には、これまで来店した有名人のサインや写真がいっぱいw
つか、こんなに有名人来てんのかわ!
こういう記録も口伝えなんかでお店の宣伝になったりするんだろうな。


昔、子どもの頃酒田に遊びに来ると親父が連れてきてくれた三日月軒。
その頃の記憶はほとんどないけど、本家のあった鷹町に近い中町店によく行った。
当時はなんかとっても汚いお店の印象しかなかったのだが…(笑)

とりあえずこれで「満月」「三日月軒」「花鳥風月」コンプリート。
「新月」忘れてたわ…w



花鳥風月

カテゴリ:
iPhoneからのblog更新は以外と煩わしい。
出張に行って地元の有名グルメを食べるでもなし。
結局落ち着くところはラーメン(笑)
自分で言うのもなんだが、本当に芸がないな…って(^^;

「花鳥風月ラーメン 柚子塩」
前回来た時は塩は完売してしまっていて、今回はリベンジ。
メニューの写真に一目惚れするくらい完璧なビジュアルしてます。
食べてみて、いろんな具材が入ってるのにも拘らずすっごく美味い!
大好きな柚子の香が微妙に漂って来て、
完璧な塩ラーメンでしたな。
普通のワンタンも2個(3個だっけかな😅…)、海老ワンタンも2個入ってるし、角煮風チャーシューと別な味付けのチャーシューが2枚、レンコンの唐揚げ。

とにかく、見た目の通り食べてしまうのがものすごくもったいないくらいw 夜の部には無くなってしまうというくらいだから昼のうちに来店した方がいいみたいだす。
ってことで1年越しで食べることができた柚子塩。
もっけだのぉ。ごっつぉーさんでした。

久々の龍上海

カテゴリ:
IMG_4344鶴岡にて。
ドカ雪の中を昼飯は何にしようと鶴岡市内を右往左往している時に、同乗していた仕事仲間が、
「龍上海ってあったよ」
「なぬっ?! 鶴岡で龍上海? そんなのあったっけ?」
ってんで一度通り過ぎた国道を脇道でUターンして戻ってみると、確かに「赤湯辛味噌ラーメン龍上海」とある。

パクリじゃなかったw
会計の時に店員さんに訊いてみると12月にオープンしたんだと。
店内の所々に祝いの花が飾られていたもの、新規開店、知らないはずだ。
HPにもちゃんと案内載ってましたな。

で、龍上海といえば「赤湯からみそラーメン」
相当前に赤湯の本店で食べた以来だす。
思い出します。
はがっぺおんちゃんが高畠店で食べたら「ハズレだった」ってんで、オラがリベンジしにわざわざ本店まで出向いてやったのだす。
11:00着で食べれたのが2:00だったと言うw

ん〜…その時の印象は「びっくりするほど美味い!」…って感じじゃなかった。
とりあえず超有名店で食べることができた…くらいにしか思ってなかったのだが…。

今回は美味かったなぁ♪
四の五の言わずに、とにかく美味かった。
連れのお方が辛いのいらないってんで辛味噌の塊まんま1個もらって、結局2個投入してバッチシの辛さだったせいもあるけど、それにしてもスープと麺の相性良かったすな。
なんか本店より良くね?(笑)

明日から酒田。
前回行った時売切れ宿題になってしまった「花鳥風月」の“ゆず塩” いけっかなぁ(^.^)


山大前やまとや

カテゴリ:
IMG_4333山形県米沢「山大前やまとや」
以前からここは名前が聞こえてたし、米沢の友達が時々実食なんぞをUPしてたので、機会があったら行ってみたいと思っていたお店。
で、晩飯を伴う夜勤の仕事で米沢に行ったもんだから…のいいタイミングで訪れることができた。
一緒に行った職人さんたちは“米沢牛”なんてこと言ってたけど、当然赤字経費なので説得することもなく却下。 身の丈にあったラーメンで…w

IMG_4334醤油と塩で悩んだけど、野菜食いたかったので「塩野菜いため中華」で。
美味しいですの♪
本場の米沢ラーメン細縮れ麺だす。
野菜とメンマとコリコリ感が大好きなキクラゲと、なんといっても今じゃ少なくなったもも肉系のチャーシューがいい!食べ応えがあるし何よりもしっかり味が付いている!やっぱチャーシューはこれだ!って思えるような出会いですた(笑)

スープは単品だとちょっとしょっぱいけど麺や具材と一緒だとバッチシな濃さ。
けどこれは東北人に合うしょっぱさですな(^-^)v

次…食べる機会あるかなぁw 醤油系を食べてみないと。

ごっつぉーさんでした♪


IMG_4330
で、仙台に戻ってきて職人さんを自宅で降ろしてワタクシはお決まりの吉野家で夜食w
(再)ごっつぉーさんでした♪

至極の塩ラーメン

カテゴリ:
IMG_4318年始のご挨拶がてらホームの本竈へ♪
今年の初ラーだす。
今年から醤油ラーと塩ラーをリニューアルしたってんで、担々麺は置いといて、これまでもお気に入りだった塩ラーメンをw
これはマジで美味い!
Qさん(店主)やってけだ!w


塩ラーメンというより魚介系の香りがほんのり漂う我が家の雑煮に近いすまし汁な感じw
それでいて“あっさり”というよりドスン!とした麺に絡みつくシッカリ感。
素材のウンチクは判らないけど、とにかくこんな美味い塩ラーメンは食べたことがない。
常日頃ラーメン食べ歩いてるのにも拘わらず、こんだけ美味さを感じるんだから相当なもんである。
ホームグラウンドというアドバンテージを抜きにしても凄い!

これに柚子ダレを少し投入するとスーパーサイヤ人並みにパワーアップw
もう完璧至極の一杯。これはオラ的日本一塩ラーメンだすなd(^∇^o)


次回行った時はこれまたリニューアルの醤油ラーメンいってみたいと思います。

いやはや、ごっつぉーさんでした(^人^♪

もしかして激戦区?

カテゴリ:
IMG_4295
今日発売の「S-Style 2016-1月号」
特集は「超最新ラーメン2016」
ここ最近オープンした新しい店舗をピックアップして紹介している。
はっきり言って随分増えたなーw
しかも写真で見る限り(既に実際食べてみた店舗もあるけど)、似たり寄ったりじゃなくどれも個性派揃い。

その中でも目立つのが煮干し系と鶏系のラーメン屋さん。
仙台ではこれまで煮干し系はそうでもなかったけどここ1年位で注目されるようになってきたし、ラーメンといえば昔から鶏ガラがメインだったところに最新の技術で鶏の旨味を引き出して提供するようになってきたし。
しかも有名店で修行した人が暖簾分けだったり独立とかして出す場合が多いので、そのDNAを追い求めて来店するお客さんも多い。

これまでの有名店と新しいお店足しちゃうとメッチャ多くね?…仙台のラーメン屋さんw
何だかもう、そんじょそこらっていうか、雨上がり後のタケノコのようにバンバン生えてきた感じw
美味いラーメン屋さんが増えるのは嬉しいんだけど、逆に大丈夫なの? 1発屋で終わらね?って心配になる。
激戦すぎて潰し合いになんなきゃいいけど。
…ってか競争の中で淘汰されないといいお店は残っていかないからね。
ある意味それはしょうがない。

どれどれ、んでは年明けたら友達誘って新規開拓でもしてみようかの♪

2年ぶりの麺組へ

カテゴリ:
「麺組」行ってきました。2年ぶり。
なぜ2年ぶりかというと、去年、毎年冬限定メニューの“野菜そば”をやらなかったから(笑)
というか、それ以前に入店するのさえ困難な激混みラーメン屋さんになってしまって、行きたくても行けない、食べたくても躊躇してしまうくらいハードルが高くなってしまったせいでしょうな。
その2年の間でも何回か来てみたんだよ。

来てみたんだけど案の定駐車場にさえ入れない。
入れたとしてもそこから最低1時間は待つ。
しかも下手すりゃ2〜3時ころにはスープ切れで営業終了してしまう。
サラリーマンの昼飯に寄ってみた…ではダメ!
絶対食べるんだ!という長期戦覚悟で来店しない限りは厳しいでしょうな。
それでもタイミング的には13:30頃は比較的待ち時間少なくていいようですが…w

IMG_4244
で、その“野菜そば”780円+煮たまご110円 2年ぶり〜♪
さすがですな!味が全くブレてない。
ラードで炒めた野菜の香ばしさが神ワザだ!
中細の縮れ麺と食感バッチシのモヤシとくどくない背脂が適度に絡む。
もちろん麺組のレギュラーメニューの醤油も味噌も塩もすべて食べたことあるけど、これを食わずして何を食う?!…って感じ(笑)

冬限定ってのもいいし、限定品なのに780円という比較的安い金額がサイコーだ!
トッピングといいスープといい手間は掛かってるレシピでこの金額は企業努力のたまもの。


この冬、もう1回くらいは食べておきたい!
年明けたら気合い入れ直して再訪かな(笑)

ごっつぉ〜さんでした(^人^)

中華そば「坂内製麺」

カテゴリ:
昨日、IKEAの買い物の帰り。時間も午後を回って2時近かったので空腹を満たさねば。
長町から八本松〜鹿又交差点〜R4北上のルートでどっか美味いラーメン屋さん…。
頭ん中で“ラーメン屋ナビ”起動w

ん!そういえば「坂内製麺」ってのがあったっけな。
行ったことないんで寄ってみよう♪

中華そば「坂内製麺」
“ばんないせいめん”にあらず“さかうちせいめん”
ってことで喜多方の超有名店とは違いますw
IMG_3815「塩中華そば(あっさり)」650円+玉子100円
シンプルだけどシッカリ色の乗ったいいビジュアル。
食べる前から美味そうな予感ですたw

うん♪ どっちかって言ったら自分好みかな♪
あっさり塩味だけどシッカリ重さが伝わってきます。
麺は今時にしては意外と普通。
なんちゅうか、本竈やしずくの麺を経験してる分、あんまり驚きもしなくなっちゃってる…f(^^;)
チャーシューもシッカリ焼きの入った感じでこれも好みでした。
惜しむらくはスープがちょっとぬるいかな。

醤油と味噌の中華そばもあるんで、次回はどっちかいってみよ♪

しずくの汁なし系

カテゴリ:
IMG_3581つけ麺屋「しずく」の“汁なし担々麺”
辛いの痺れるのUPで、麺は冷やしで頂きました♪
記憶は定かじゃないけど、多分今年初。
辛いのもそうだけど、そうめんとかざるそば以外に夏にはぴったりの食べモンだわ。
見てみ、丼に付いた水滴! キンキンに冷やして食感損なわないようにとの気配り♪
ネギの緑とチャーシュー・メンマ・煮玉子の茶系、白い麺に黒の丼。
食欲そそるビジュアルも、出てきた瞬間「わ〜!」って感じだw
なもんだから食べ始めたっけ、もったいなくて食べる気しなくなるくらい美味いのだす(笑)

夜のこの時間帯にこんなブログは完全に自爆ネタですな(^^;
腹グーグー鳴ってるw

続 中華そばまるたけ

カテゴリ:
IMG_3547「中華そばまるたけ」 再来訪です♪
煮干ラーメンがウリのお店だけに前回はガッツリ煮干系「こいにぼ」の中華そばをオーダーしましたが、今回は“あっさり”の「味玉煮干中華そば」780円を。
ビジュアルはスープの色や濃さが違うだけで、麺・チャーシュー・メンマ・麸などは変わりませぬ。

美味いっ!
第一印象は「こいにぼ」より一般的に好かれるのはこっちだな…と。
“あっさり”といってもいい感じに煮干が主張していて、麺やトッピングをシッカリ活かせてました。
煮干…と聞いて一歩引く人もたまにいますけど、これは意外といけるんじゃないかな♪

なんというか…
オープンしたばっかりなのにこのクオリティはスゴいと思ったす。
これからどんどん洗練されていったら…って思うとこの先なかなか楽しみですな(^-^)v

よしっ!オラも剛さんに負けないようガンバっペ!
仙台ハーフマラソンの話だけど…(笑)


中華そばまるたけ

カテゴリ:
IMG_3520「中華そば まるたけ」 仙台市宮城野区岩切字今市東293
昨日5/28に新規オープンしたラーメン屋さん。
店主の剛さんはオラのホームグランド「本竈」の料理長を勤め、次いで仙台でイッチバン人気のつけ麺屋さん「しずく」で修行した本格的実力派のお方。
開店祝いのお花も市内人気店からドーンと届いておりました。◎∇◎w


本竈在籍の時もいろんな限定ラーメン創作したり、なかなかいいアイディアと感性を提供してくれました。ので、独立してお店をオープンさせるって聞いた時から楽しみにしてたのだすw

お店の場所はほぼ利府街道沿い。仙台バイパスを東に越えて1本目の信号(デイリーヤマザキ)を左折すると右手に看板が見えます。
我が家からも徒歩3kmくらい♪ ダラダラゆっくりジョギングでも30分以内w
近くもなく遠くもなくビミョーに良い距離だったりします(笑)

IMG_3518で、先ずは「こいにぼ」
基本のあっさり煮干スープに更に煮干のエキスを加えたガッツリ濃厚煮干の中華そばだす。
青森出張の時に食べた本場の煮干ラーメンとくらべても遜色ないというか、仙台でこんだけの煮干ラーメンもなかなか珍しいかも。
出てきた時の茶色or灰色というか、馴染めない色に最初はびっくりw

かと言ってとんがった嫌味のあるような魚魚してるわけでもないので見た目と違って美味しく食べられると思います。
たまにパンチのあるラーメン食べたい人にはいいかもしれんねw。
あとはゴハンと一緒に食べるとか。

次回は「あっさり」でいってみよー♪

ごっつぉーさんでした(^人^)


肉体疲労時の栄養補給に…

カテゴリ:
IMG_3435まさにオラにとっては、
「肉体疲労時の栄養補給、滋養強壮に」「ファイトイッパーツ!」的な健康維持に欠かせない1杯。ポパイのほうれん草w
本竈「本気の担々麺」

このラーメンに出会ってからというもの一切風邪は引いてないし体調崩したこともない。
ゴマとか鷹の爪とか山椒とかなんだかんだ入ってるせいなのかは判らんけど、とにかく調子は悪くない。
なんとなく「あ…ヤバくなりそう…」って感じた時はソッコー食いに行く。
食べちゃえば後は何事もなかったように普通に生活してるし(笑)

昨日の仙台ハーフでは自分で感じていた以上に負担が掛かって、やっぱ今日はダルダルな朝を迎えてしまった。

で、食べに行ったw
「こんちわー」って入って行くと席に着く前に「温かい担々麺?冷たい担々麺?」と店主さんの方から逆リクエスト(笑)
「冷たい担々麺は今日から提供だったか…^^;」
けど、やっぱ肉体疲労時の栄養補給には熱いの汗かきながらじゃないと…ってんで温かい担々麺で♪

うん!やっぱこの担々麺に勝る担々麺はない!
いろんな担々麺食べたけど結局はここに返ってきちゃうもんね。

夏限定の「冷やし担々麺」も今年はリニューアル。
次はコレいってみよー♪

このページのトップヘ

見出し画像
×