カテゴリ

カテゴリ:仙台市宮城野区から

北海道新幹線

カテゴリ:
P32674912016年3月26日 北海道新幹線 開業。
我が家の横を通って仙台駅に向かう新函館北斗駅発のH5系1番列車。
この後、11:04に東京駅到着予定。
東北新幹線と同じE5系の姿ながらも北海道新幹線特有の紫ラインと北の大地のマークが新鮮だす♪


北海道の人たちにとっては悲願だったでしょうな。
青函トンネル通って函館までとはいえ、先ずは北海道への足がかりの新幹線が開通。
この先15年程掛けて札幌まで延長する予定だという。
うん、道外に住んでる人間としても先ずは札幌まで行ってもらわねば…ってとこだろう。

遠い昔。
まだ秋田に住んでいたころ。
札幌のじーちゃん家に行く時は秋田駅から奥羽本線に乗って青森まで4時間。
青函連絡船の出航時間に合わせて待合室で数時間仮眠した後、津軽海峡を4時間掛けて渡る。
函館に着いてそこからまた4〜5時間かけて札幌まで。
幼稚園くらいだったあの時でもやたらと長い旅だったのを記憶している。

地理は違えど、北海道新幹線の開業で仙台〜函館は2時間半程度でつながった。
墜落するリスクを考えると飛行機より安全神話の塊である新幹線の方が心休まる(笑)

P3267495盛岡駅で秋田新幹線こまちと連結したんだね。
H5単独よりも絵になるかもw
ニュース見てると北海道に行く車両はE5も乗り入れてるようだ。
なんとなく紛らわしい。
車両のやりくりもあるのかもしれんけど、北海道に行く車両は全てH5にした方がお客さんの気分も盛り上がるんだろうと思うけど…。

早く量産してくださいね(笑)
あとはJR北海道だけに、安全運転だけはしっかりとd(^_^o)

新東仙台駅

カテゴリ:
IMG_4461「JR東仙台駅」
前駅の老朽化で建て替え工事が行われていた東仙台駅。
いよいよ完成間近で、2月28日(日)から営業開始するという。

第一印象は・・・ショボい…(~_~;)
なんだやもう…!

建て替え前の駅の外壁パネル取っ替えたくらいの規模じゃん。
長町駅くらいの立派な駅になると期待してたのに(嘘爆)

ま、それは冗談だとしても、もうちょっと“東仙台駅”くらいにしてくれても良かったんでね。これまた60年くらいこの駅でいっちゃうんでしょ。
これだから駅前の賑わいもないし、今後の発展も見込まれないんだでば。
その地域のランドマークとしてある程度の建築物は必要だと思うんだけどなぁ。

西仙台って駅はないけど、東仙台駅、南仙台駅、北仙台駅の中ではイチバン体裁の上がらない駅。
仙石線小鶴新田駅だってあのボリュームなのに、仙台駅の1本隣の駅がこんなにショボいんじゃなぁ…って感じ。

仙台うみの杜水族館

カテゴリ:
PB306642















「仙台うみの杜水族館」
開館して約5カ月。11月最終日の昨日やっと行ってきたすw
建築中、サイン工事でビミョーに手伝わせていただいてたので、建物が完成する前には何回か入ったことがあったんだけど、水槽に水が入っていきものが展示されるようになってからはお初ですた♪
ところどころ自分のやった仕事を確認してきて「ヨシヨシ♪」なんて思ったりw
それにしても地域にこんだけ大きい水族館ができたのはヨカッタっすな。
個人的なイメージとしては福島のアクアマリンの方が見応えあるような気もするけど、自宅から車で10分そこそこにこんな環境があるだけで誇らしく思います。
しかも津波被災の現場だけに尚更かな。

PB306677















イルカとアシカのショーもなかなか♪
アシカさんは松島水族館の十八番だったけど、イルカのショーは初めて。
昨日は寒かったけどあんだけ水しぶき上げてジャンプするんだったらやっぱ夏が楽しそう!
つか、イルカは寒くないんだべか?w
プールもちょっとばっかし狭くない?

PB306652いっぱい写真撮ってきたけど、一番ストライクだったのは“アオリイカ”(ちょいピンぼけ^^;)
あの透明感!メッチャ美味そうだった(笑)
刺し身は激ウマなんだろうなぁ(^q^)ジュル
大好きなサバも活き活きしてたわw
独特のあの模様、よっく見ると結構かっちょいいっすな。


PB306674バックヤードツアーも含めていろんなイベントも企画されてるようなので毎回テーマとか行く目的決めて集中的に見てくりゃもっと勉強になりそう。
ペンギンもいっぱいいたし♪
大雪降ったりしたら旭山動物園みたいに雪の上行進したりすんのかなw
水の中でホントに空飛んでるように泳いでるのが感動的だったわ。


キモいのから美味そうなのからかっちょいいのから、今度はもっとゆっくり見てこよう♪

カテゴリ:
晩ごはんを食べ終わって、テレビ見ながらまったりしていると、着信があった。
中学校ん時の同級生。

そういう懐かしいヤツから電話とか掛かって来るとアムウェイの勧誘だとか、ロクでもないことがあったりするのだが、まぁ珍しいこともあるもんだと思いながらも出てみた。

急な話で申し訳ないが、来週末、数人の近所の同級生誘って飲みに行こう…って。
場所も徒歩圏内の居酒屋らしい。
(…変な勧誘じゃなかったw)

地下鉄の仕事が追い込みなのでなんとも予定は立たないが、顔出してみようか。
いずれも近所に住んでるので極々たまにバッタリ出会うこともあるけど、お互い運転席から手を振るくらいで、これといって立ち話をするわけでもなかったので、いい機会を設けてくれたなぁってw

中学の同級生が地元にそのまま残ってるってのもあんまり多くはないけれど、親父の時代からの自営業を引き継いで頑張ってるヤツらなんかは居たりする。

当時のことがいろいろ思い出されて、集まった当日はぜひとも“記憶の確認”をしなきゃない。
オバちゃんになってしまった“女の子”も来るんだべか?(笑)



キロク

カテゴリ:
IMG_3907IMG_3905やっぱり見慣れた風景が失われてしまうのはノスタルジーだ。
先日、書いたように東仙台駅が来年1月〜2月に改築なる。
旧駅舎は囲いで封鎖され、足場も組まれいよいよ本格的な解体になる。

新しい駅舎ができるまで、できるだけビフォーアフターしてみようかなって。
やっぱこういう記録って後から活きてくるもんだし、なによりも留めておきたい記憶だからね。

IMG_3908 2駅の南側へ渡る歩道橋からの眺めも新駅舎の完成とともに変わっちゃうんだろうな。
昔、この歩道橋がなく無人踏切だった時代。
改札を抜けてたら電車に間に合わない…って時はこの踏切から直接ホームに駆け上がって電車に乗ったこともあったっけ。
きっぷ?
定期券持ってたからOKなのですw
っちゅうか当時のサラリーマンとかも随分やってたっけよw
たまに最後尾の車掌さんにごしゃがれだ事もあったけど…f(^^;)

ってことで、不定期に続く…

東仙台駅

カテゴリ:
IMG_3873電車で仙台駅前まで出ようと思って東仙台の駅まで行ったらなんと!
駅舎がクローズΣ(゚д゚lll)
何事かと思って貼り紙を見たら、駅舎改築なんだそうな。

ついに東仙台駅改築だ!(笑)
少し前から駅の隣にあった駐車場にプレハブ建ててたんで、駐輪場でも建ててるのかと思ったら仮駅舎だったんですな。
いや、JRの工事事務所もずいぶん思い切ったことしたなぁってw

IMG_3870IMG_3871IMG_3872





既存駅舎の駅名サインは仮駅舎に移設され、役目を終えた建物が物悲しく映ります。
オラが秋田から転校して来た時には駅舎は既にこの建物だったので最低でも40年は経ってる事になります。
地元学の資料を調べてみても現建物になった年代は記されておらず、実際この駅舎が建ってから何年経っているのかは不明。
1978年宮城県沖地震、2011年東日本大震災など大きな地震をくぐり抜け、ずーっとここにあった駅舎は地元の人間のランドマークであり故郷のシンボルでもあったわけで、なんぼ古くなってもやっぱりそこにあって欲しいものです。

昔の記憶・・・
入口入って右手、駅員さんが硬券売ってたきっぷ売り場が2つ。
左奥には昔よくあった1〜1.5坪くらいのキオスク。
その前にはだるまストーブを四方取り囲んでの待合。
田舎の駅によくあるロケーションだったすなw

いつの間にか駅入口の階段脇には車いす用のスロープが付いて、きっぷ売り場は券売機になって、改札も自動改札に、おばちゃんが毎日一人で頑張ってたキオスクも閉店してシャッターがずっと閉まったまま。駅を利用していても駅員さんに会う日が全くない“無人駅”状態な寂しい駅になったな…って感じてました。

そんな思いとは相反して、仙台駅からひと駅下った駅なのになんでこんなボロくさくサービスもへったくれもない駅なんだ!…とは常日頃カミさんとは話していたところ。
南にひとつ行った長町駅は素晴らしくカッコ良くなったのに!って(笑)
まぁ、長町のように駅前からして再開発するような町でもないからね。必然的に駅自体に手を加えることなんかJRも考えていなかったんだろうね。

…と、感じていたところに“駅舎改築”ってんだからマジでびっくりしたのだす。
どんな駅舎になるんだろう?…という期待感と共に、どうせ東仙台駅だもの中途半端な造りに決まってる…ってのが半々かなw
ホントは再三言ってるように新田側(駅南側)にも改札(出入口)つけてもらえると相当な利便性がアップするんだけど。
工期(竣工)が来年の1月なんで正味3〜4ヵ月ってことは大した工事じゃありませんな(^^;
やっぱりマユツバにしとこう♪

いよいよ仙台うみの杜水族館

カテゴリ:
35「仙台うみの杜水族館」
5月で長い歴史に幕を閉じた松島水族館を引き継いで、名称も新たにデッカクなって明日7月1日OPENです♪

手前味噌ながらちょこっとだけサイン関係の仕事を手伝わせて頂きました(^-^)v

数年前に仙台に大きな水族館ができる…って話が持ち上がった時は、市民みんなして盛り上がったもんでした。
…が、なんだか知らないうちにそんな話も頓挫しかけてしばらく音沙汰なし。

なんだかなぁ・・・

っているうちに今度はいきなり具体的な話になったかと思うと、あれよあれよという間に話が進んで今に至る…って感じかな(笑)

宮城県は県の半分が海に面してる。
気仙沼・南三陸・女川(牡鹿)・石巻・松島・七ヶ浜・塩竈・多賀城・仙台・名取・岩沼・亘理・山元…
当然、漁業関係も立派な地域産業なんだけど、震災の津波で大打撃を喰らってしまった。
軽く言っちゃぁなんだけど、お先真っ暗だわ・・・
海なんか嫌いだ!…って人も中にはいたけど、でもここに暮らす上では海は切っても切れない。
津波は大変な災害だったけど、海からの恩恵は相当なもんだった。
自然災害に文句言ってもしょうがないけど、ここに暮らすんだったらやっぱそういうことも受け入れながら暮らしていかなきゃなんないんだよね。

で、その恩恵としてインタラクティブな水族館がやってきた。
東北最大級の展示内容とイルカとアシカのコラボショーとか、ここ数日プレオープンの内容を報道で流したりしてるのを見るとほんとワクワクしてくる♪
いわきのアクアマリンも何回か行ってるけど、地元…同じ区内にこんだけの施設ができるのはやっぱ嬉しい。しかも仙台港近くだけに、やっぱ宮城県は半分は海からの恩恵受けてる県なんだなってつくづく思うよ。

工事中はちょこっと入ってみたけど、平日だったらオープン当初でもそんな混まないかな?w
…いやいや、甘いな。
しばらく落ち着いてからの方がいいような気もするし…。

とにかく行っていっぱい写真撮りたいわ。
チンアナゴとか…(笑)

閉店新田スーパー

カテゴリ:
IMG_3560“新田スーパー”がついに閉店した。
地元のスーパーマーケットとして昭和40年代から営業を続けていたのだが、平成27年5月を持って店じまいとなった。
ここんところは営業してるのかしてないのかわからないくらい賑わってないお店。
地元の老舗スーパーと言えど、近くにみやぎ生協だったりヨークベニマルがドカーンとあればみんなそっち行っちゃうし、ちょっとした買い物はセブンイレブンだのツルハドラッグに行っちゃうし、兎にも角にも買いに行くモチベーションが何もない。
強いて言えば写真にもあるが、店の前にあるポストに郵便物出しに行く時くらいしか立ち寄らない。

それこそこの辺に商業施設が何もなかった時や’78年の宮城県沖地震後はメッチャ賑わってた記憶があるし、東日本大震災後もなかなか貢献してたのだが…。

[テナント募集]とかってPOPが出ているが居抜きでなんか入るんだろうか?
交通の便がいいんで更地にしてマンションとかアパートとか…。
なんちゅうか…物販のお店とか飲食店とかってのはイマイチ盛り上がらないような気もするな。

いずれ、長い間地元のためによく頑張ってくれました。
お疲れさん&ご苦労さんでしたm(_ _)m

2011.3.13 我が家の上空から

カテゴリ:
20110311国土地理院のHPからDLしてみた。
東日本大震災2日後の3月13日の我が家上空の航空写真。
よっく眺めてみるとやっぱりポイントとなる点はハッキリ写っている。

【東仙台中学校】
自分も現場に行ってみたけど、水を求めてとんでもない行列だった。
聞くと6時間待ちだという。
オネェが友達と一緒にボランティアで水汲みしに行ってた。


【ガソリンスタンドの渋滞】
最初この渋滞見た時、意味が判らなかった。1978年の宮城県沖地震の時、こんな渋滞は無かったと記憶していただけに「なんの渋滞?」って。
確かに公共交通機関がストップしていると物資の輸送や援助行ったりするのに自家用車しか脚がなくなってしまうし、当然ガソリンは必需品だ。
それにしてもいつ営業するかも判らないガソリンスタンドに並び続ける気力はオラには無かった。
ま、ほぼ満タンに近かったせいもあるけど…。

【コンビニ・スーパー】
食料品や必需品買い求めて何処もかしこも行列。
牛乳やらパンやらカップ麺。お一人様1本とか2本までとか制限付きの食品に何時間も並ぶ。
それでも手に入らない。
こういう非常時にどうしなきゃならないか・・・オレらは身に持って学ぶことになる。


奇しくも先月末ネパールで大きな地震があった。
現地では今日も大きな余震があって新たに何人か犠牲になった。

東日本大震災と同じ。
4月8日の最大余震ではライフラインが復活してきた矢先だっただけに心が折れそうになった。

やっぱ人間ってのは直に経験しないとその痛みは理解し難いようだ。
あんだけの震災を経験した自分たちなのにネパールのことに関しては気にはしていても“対岸の火事”だ。
「喉元すぎれば熱さ忘れる」のは人間の性。

こうやって当時の写真を見たり何かしらで思い出す作業をしないとあの記憶は年を取るごとに確実に忘れ去られていく。
そうやって100年後にまた同じことを繰り返すのだ。


9日間で2回

カテゴリ:
消防車のサイレンが近所で止まる。
ガバッ…!と飛び起きて時計を見ると午前3時。
窓から外を見ると回転灯に照らされて辺りが赤に染まり、火災警報器の音が鳴り響いてる。

P4165570先週火曜日にあった幼稚園の火事。
教室の壁天井が燃えたけど、外部まで延焼しなかったのが不幸中の幸い。
教室の一部を修築するため暫定の措置として園庭にプレハブの教室を作って対応した。
2日後に入園式。
若いとーさんかーさんに連れられてちっちゃな子どもたちがやって来た。
次の日から朝の送りでママと離れたくない!…ってワンワン泣き出す子ども(笑)
園長先生や担任の先生たちがなだめながら教室へ連れて行く。
ブルーシートが張られた教室は痛々しいが、そんなことは忘れて、今年も春の風物詩が始まったと微笑ましく思っていた矢先。
再び火災に見舞われるとは・・・

わずか9日間で2回も火事。
「放火?」
誰もがそう思う。
原因は判らないが様子を見てると火元は内部のよう。しかも前回と同じ教室辺りからの煙がひどい。
外からの付け火ではないような感じなので電気系統か設備関係の不具合に拠るもののように感じる。

いずれにしても可哀想なのは子どもたち。
入園してきたばっかりなのに、進級して年長さんになったばっかりなのに、新しいお友達もできたのに、こうやってバタバタに巻き込まれるのはホント忍びない。
せめても前回の火事の後に再発しないようしっかりした対策ができなかったのか。
どっかに手抜きな対応がなかったのか。
大人たちは必死になって考えてあげなくちゃならん。

それにしても焦げ臭くて窓も開けられんわ・・・




津波タワー

カテゴリ:
P2155394仙台市宮城野区中野「津波タワー」完成。
昨日2/14に地元町内会・関係者・報道を集めて公開された。
仙台港あたりってホント平地なんだよね。
なので実際に震災翌日に見たあの惨状はリアルな街並みだとは信じられないくらいの悲惨さだった。
高い所って言ったら大きな倉庫の上のフロアとか、郊外型ショッピングゾーンの2階以上とか。
震災ん時の10mオーバー津波が来て助かる所はパッと見キリンビール工場とか夢メッセの屋上、アウトレットの観覧車の上とか・・・
東日本大震災を教訓に、仙台市が宮城野区中野5丁目に建設した津波避難タワーが14日、地元住民に公開された。市が沿岸部で計画する6カ所の避難タワーのうち、最初に完成した。
 鉄骨製で高さ9.9メートル。高さ6.6メートルの2階部分には屋内スペース(100平方メートル)があり、トイレなどの設備を整えた。屋上と合わせて約300人が約24時間避難できるように毛布や非常食、防災行政無線を置く。建設費約2億3000万円は全額国費で賄う。
 奥山恵美子仙台市長は「避難訓練などソフト面も充実させて緊急時に備えたい」と話した。
2/15河北新報朝刊より
将来的には沿岸地域に13基の津波タワーを予定しているという。

あの教訓から学んだことは、先ずとにかく逃げて生き延びること。
もう「想定外だった」では済まされないのだ。



仙台うみの杜水族館

カテゴリ:
1422971147_b“モーリー”ってんだと。
今年の7月にオープンする東北最大級の水族館「仙台うみの杜水族館」の公式キャラクター。
オスのペンギンがモチーフで、仙台長なす漬のヘタが帽子、お腹の白いところは笹かまの形。でもって仙台出身だけにスケートが得意らしい(笑)
仙台に縁があるとどっかに必ず政宗の弦月が入ってくることが多いけど、今回はあまりにもベタすぎるせいかどこにも“政宗”は入ってこなかったわw
却って垢抜けた感じでいいかもね♪
これからいろんなメディアやイベント会場に出没するんでしょうな。

入場料は大人2,100円と単発ではちと高め。
(アクアマリンが1,600円だか1,800円だったか…)
んでも年パスが4,200円ってんで2回行けば元取れる設定。これは年パスしかねーです♪

ここ数日のように冬にドカッと雪降ったりすれば、旭山動物園のようにペンギンの雪上散歩とかあったりするんだべか?(笑)
イルカのショーもまだナマでは見たことねーし、これはこの夏なかなか楽しみですな♪

どんと祭

カテゴリ:
IMG_3097神社公園のどんと祭行ってきた。
大崎八幡のでっかいどんと祭もいいけど、地元の神社のこぢんまりしたのもいいっすな♪
つか、ここ何十年神社公園にしか来てねーけどw
町内会や氏子のオンチャンたちと地元の消防団の人たちが仕切ってやってます。
昔はオラいの親父も酒飲みチャンスで社務所に詰めてたこともあったっけな(笑)

今日は暖ったかいわ♪
時折風吹いてるけどw
このっけの気温でご祝儀もらってタダで飲み食いして温泉サウナ入れんるんじゃ“裸参り”楽勝だっちゃわ(^-^)v

ってことで、今年も無病息災・無事故・家内安全・学業成就…などなど、100円でいっぱいお願いしてきたです(笑)


我が学び舎

カテゴリ:
PA254819サッチたちの“継走祭(けいそうさい)”…要するに運動会…で中学校に行ってきた。
カミさんを除いてオラも妹も娘2人共この中学校。
サッチがこの学校を卒業してしまえば恐らくもう校舎にも校庭にも入ることはないだろうな。
そういう意味ではサッチの卒業式に出席するのであればあと1回だけ…って事になる。

当時はまだ木造校舎があって体育館もボロボロ。
写ってる手前の鉄筋コンクリートの校舎は既にあった。

1978年6月12日の宮城県沖地震はこの校庭で被災した。
真ん中に写ってる校舎は当時は無く、この位置にテニスコートがあった。
中体連バスケットの応援で県スポまで行った帰りに学校寄って、部活をやってた時だった。
その校舎の向こうに見える茶色い屋根の建物が武道館。
これもまた当時はなく、2階建の木造校舎が建っていた。

コートの隣にあった職員室の建物の中で「バキバキッ!」「ガッシャーン!」という何かが壊れるような音。
木造校舎の上からスレート屋根が破片と共に大量に落下。
プールの水は揺れに合わせて波が増幅し大量に溢れ出る。
校庭には地割れ。

あんな揺れはとにかく人生始まって以来の経験。
目の前でコートに地割れが這って行く様子は「ここが割れて転落してしまうんだ!」みたいなことを想像させてホント生きた心地がしなかった。

2011年3月11日。
“あの日”からしばらくこの学校は地区の給水の拠点になった。
ちょうど、この写真を撮っている直ぐ後の地下に災害時の飲料水にもできる拠点給水施設がある。
当然、被災後の混乱の中でこの給水施設を利用する人が殺到して6時間並んでやっと…というような状況になる。
この校庭中、延々蛇のような行列が続いていたのはものすごく印象的だった。


そんなことで、在学中は元より父兄として時々通うようになってからも、何かと印象深い思い出作りをさせてもらった(笑)
オネェの在学中には“ガスパン爆発事件”ってのもありましたな(^^;

次の3月にはオラ、妹、オネェ、サッチと、4つの時代の卒業アルバムが揃うことになる。
30数年間だけだけど、オレらの中学校の歴史を見れるのはちょっと楽しいことかもしれない。


野鳥の階

カテゴリ:
最近、オラいのベランダの擁壁に小鳥が来るんだわ。
結構人懐っこいのか網戸越しに近づいて行っても逃げない。

なんて鳥かな?
ってんでググってみると、
sekirei「セグロセキレイ」
セキレイってこいつかぁ♪ 政宗の花押の鳥じゃん。
確かに花押の形に似てるわw
ベランダの擁壁にいたり近くの電線にも留まって鳴いてたりする。


あまりにも見かけるんで、どっかに巣でも作ったか?
ちょっと観察してみると、我が家の数階上の部屋の換気扇ダクトに入っていった。
なるほど♪

絶好の場所を確保したようだけど、揚げ物だとか油の匂いキツくねーのがや?(笑)
直下の我が家のベランダにフンだけは落としてくれんなよ(^人^;)

ランナー要注意

カテゴリ:
IMG_2514さっき外出から帰ってくる時、いっつもランニングしてるコースを車で帰ってきた。
走ってる時は直線道路の遠くに見えるランドマークがなかなか近づいてこないせいかエラい長く感じるけど車だとものの何十秒、あっちゅう間だ(笑)
なんか切ない・・・(^^;)

どこかのオンチャンが首にタオル巻いて走ってた。
ガンバガンバ〜p(^0^)q
聞こえないけど心の声援を送る。


ずっと前方に救急車? 赤いのがクルクル回ってる。
なんだべ?…と思って通過する時に見てみると、これまたどっかのオンチャンが歩道に座り込んでる。
ランナーだ。
救急隊員が何やら話しかけてたけど、そのランナーはぐったりしてる。

あらら、熱中症か?
夕方とは言っても気温はまだ30℃近くあるだろう。しかも日向だ。
多分、自分でもダメだと思って自ら救急車呼んだんだろう。

ここ数日は早朝でも太陽が昇り始めると25℃とかあるから結構キツい…。
心拍数もできるだけ上げないでゆっくりペースで走っててもボタボタ汗が落ちる。
元気フィールドまで帰ってきてソッコー給水しないとマジでヤバい。

こういう気温で10km近く走る時は5kmあたりで水飲まないといかんな。
野球の観戦してるだけで熱中症になるんだもの。
無給水でも走れるけど、ちょっとのムリが大事になるもんだ。

なんかいつものコースでそういうの見てしまったせいか、結構気にしてしまったわ…(^^;)




天才味噌らーめん

カテゴリ:
3日前…市博物館で「室生寺の仏たち」を見た帰り。
昼飯のタイミングを外してしまったために帰りの道中にある「スミスさん」に寄りました。

896ef955からいしびれる味噌らーめん800円
以前、にぼ味噌らーめんは食べたことがあったので、今日はこちらをチョイス。
梅雨の中休みで気温も30℃近く上がった日。
そんな酷な条件の時に辛い味噌ラーかよ…って思ったけど、
店主さんの「意外と出ますよ♪」の一言でケテーイw

味噌らーめん大好き♪ 辛いの大好き♪ ビリビリ感大好き♪ ってオラには田中マーのど真ん中ストライクな1杯ですな!
これはマジすごい!
オラが日本一の味噌らーめんと称する“麺屋恵比寿”の「辛味噌ラーメン」とはテイストや方向性は違うけど、これもまた素晴らしい!

最後の方は汗ボタボタ垂らしながら完食(^^;A
ランニングし終わった後のサラッとした気持ちのいい汗ですたw

天才スミスさんw
どのメニューもきっと満足できるハズなので一度ご賞味あれ(^-^)v


満開

カテゴリ:
IMG_2110毎年恒例、近所の神社公園の桜。
今年も見事に満開となりました♪
昔っから慣れ親しんでるせいか、どこの桜よりもここの桜が咲くのが待ち遠しいし楽しみだ。

いつもだと開花が間近になった1週間くらい前から、ちょびちょび様子を見に来ては今か今かと楽しみにしてるのだが、今年は先週ずっと東北ぐるっとしてたので、帰ってきたら既に咲いてしまってた。
仙台管区気象台の「開花宣言」も青森で聞いたしね(笑)
お陰で気分が盛り上がる前に咲かれてしまって高揚感に欠ける…みたいな(^^;) 前戯なしで…って感じっすかね(爆)

今年は4月の1周目に東京出張で、その時既に都内の桜は満開を過ぎて散り始め。
品川駅周辺は桜吹雪でした。
で、先週仙台で咲き始め今またほぼ満開。
これから4月後半にかけて再び東北北上の旅の予定なので、今年は長くしかもあちこちでお花見できるかもしれんです♪

もしかするとGW頃に五所川原・弘前近辺なので毎年最高の人出の弘前城にも行けるかも(^-^)v
そういうタイミングで仕事入れてくんねがな…ってw

ふたつ山越え散歩

カテゴリ:
鶴ケ谷中央公園ひろうき号のブレーキの調子が悪いので修理に出した。
義弟の口利きで紹介してもらった鶴ケ谷の修理屋さんに入庫。
数日は使う予定もないので代車も借りずに、帰りは散歩がてら歩いて帰ってきたw

鶴ケ谷…と言ってもバイパス方面なので、我が家に達するためには鶴ケ谷と東仙台(御立場町)の山2つを越えなければならんw
それでも風はそこそこ吹いてるけど天気もいいし花もチラホラ咲いてる頃だろうし…ってなかなか楽しみながらの散歩♪

最初の急坂を登って鶴ケ谷中央公園の東側を南下。
大きな池の周りの土手はピンクのつぼみで色づいた桜並木。

そういえば4年前はあの病室からこの桜眺めてたっけ(^^;)

大きな池を挟んで対岸にある総合病院に入院したのは2010年の春。
突然の虫垂炎と腹膜炎で救急車で運ばれたんだっけw

そんなこと思い出しながらの木漏れ日の公園内は風も落ち着いてポカポカの気持ちいい陽気。
じーちゃんばーちゃんや子どももママさんと遊んでる。

公園を過ぎてしばらく南に向かって微妙な上りを歩いて、今度は燕沢に向かって急激な下り。
坂の向こうには“2つ目の坂” 御立場町とそこの頂上付近に建っている大きなケータイ電話の基地局アンテナが見える。
その坂をダイレクトに下ってひょうたんの焼肉屋の脇を通って山越えすると自宅には一番近いルートだけど、そこで終わってしまうのもなんとなくもったいないような気がして、わざわざ東仙台駅正面の道路の方まで迂回してちと遠回り。
住宅街の庭に咲いてる花なぞ眺めながら到着したとさ♪

約3.7kmの道のり。
写真撮りながらのんびりいい時間ですた(^^)


我が家の桜前線

カテゴリ:
2014桜今日の我が家のマンションの桜。
仙台市の開花宣言より1週間くらいは早く、既になんぼか咲いておりました♪
隣の幼稚園の桜はまだふっくらしたつぼみ。
仙台市標本木もまだでしょうな。

今年は2月のドカ雪にやられて春が待ち遠しかった分、こうして桜が咲いてくると気分も上々だす♪
気持ちが上々なのに反してカラダは春眠暁を覚えず・・・朝もなかなか目覚めないんだけどね(^^;)

昨日の出張、江戸品川の桜は散り始めてますた。
明け方まで雨ビタビタ降ってたたようだし。

来週末くらいからっすかね、仙台の桜は。
今年はいろいろ開拓してみたいな…って。

そう毎年思うのだが・・・(笑)

このページのトップヘ

見出し画像
×