カテゴリ:
Mt_FUJIAppleが「iPhone 6sで撮影した新しい富嶽三十六景」として富士山の写真を公開している。
富士山、かっこいいですなぁ♪
しかもiPhoneでもってこんなにかっこよく撮れてる。
最早、昔のケータイカメラでは間違っても及ばない領域だ。

ホントに富士山って色んな表情を見せてくれる。
四季折々の特徴は元より、撮影場所や時間によっては色合いも風合いも全く違って見える。
かつて葛飾北斎が描いた「富嶽三十六景」もいろんな表情で描かれていて、その描写力にはまったくもって驚かされるのだが、iPhoneで手軽に映しだされた富士山もその時々の表情を“リアルなもの”としてそこに存在する。

東北に住んでるせいか、日頃富士山に接している人たちから比べればその憧れは強い。
新幹線で通過する時だけのシャッターチャンスじゃなく、思う存分多彩な表情の富士山を撮ってみたいものだ。
もちろんiPhoneで。



iPhoneといえば、使用中の「iPhone6」の画面に1mm×1mmくらいのホワイトスポットができてしまった。
ので、昨日 Apple Storeのジーニアスに修理の相談に行ってきた。
結局のところ、バッテリーが膨張し始めていて液晶を圧迫していた…ってことで新品交換になった。
iPhoneの場合、だいたい2年くらいでバッテリーも劣化してくるので、いいタイミングだったのかもしれない。
ま、来月再来月あたりになると“iPhone7”のウワサも本格的になってくる頃だろうし、Apple Careの免責使わなきゃならないような修理だったらスルーしてiPhone7待ちってことも考えたんだけどねw