カテゴリ:
pr_source「和暦」なるアプリをネットの話題の中で見つけたのでDLしてみた。

「あらっ?今年って平成何年だっけ?」
ってのはよくある話(笑)
目の前にあるカレンダーが和暦(年号)と西暦併記されてりゃ直ぐわかるけど、そうじゃないカレンダーだったり外出中なんかだと「ちょと待てちょと待て!」になってしまう。

IMG_3569で…このアプリ、起動するとこんな画面だけ。
後にも先にもこの画面だけw
iPhone3GからiPhone6まで、使い始めて8年になるけど、こんな単純なアプリは未だかつてない(笑)
来年になれば「平成28年 西暦2016」って表示が変わるだけ。

そのくらいアプリに頼らず覚えとけ!…って話だ(爆)

例えば、
「2008年は平成何年だっけ?」って時に西暦を入力すれば「平成20年」って教えてくれるアプリだったら実用的。
もっと言うと昭和とかそれ以前の寛永だとか慶長なんかの年号も西暦で示してくれるんだったらマジで使える。

残念ながらその機能を搭載するアプリ「年号電卓」ってのをiPhone3G時代から使ってるんで、今回の「和暦」はソッコー削除w
ビミョーにしか容量は使ってないようだけどそれすらクソアプリだからね。

Appleもそういうくだらねーのは最初っからボツにしなさいわ(^^;